広島ラーメンとは

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 広島醤油とんこつ」。2017年3月20日に発売された商品なのでもう新商品とは言えませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。広島のご当地ラーメンと言えば尾道ラーメンや福山ラーメンと並び、広島市のラーメンとしてしょうゆとんこつのラーメンは全国的に有名です。他にも広島市には魚介の入った新広島ラーメンとか汁なし担々麺があり、特に汁なし担々麺は急速に知名度が広がってきている状況です。広島ってかなりのラーメン激戦区ですね。私のような巨人ファンとしては、広島で赤いカップとなると、おとなげなくワンサイドでボコってくる鯉の形をした悪夢が思い浮かんで怖さで身が震えますが、今日の試合は頑張ってくれると信じて広島ラーメンを食べる援護射撃をしようと思います。かなり後方からですが。



商品概要

品名:日清麺職人 広島醤油とんこつ
メーカー:日清食品
発売日:2017年3月20日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税込180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食90g(めん65g)あたり
エネルギー:299kcal(めん・かやく255kcal スープ44kcal)
たん白質:9.5g
脂質:5.8g
炭水化物:52.2g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:137mg



スープ

醤油ととんこつのバランスにこだわった、まろやかな口当たりであっさりとした広島風の醤油とんこつスープ」とのこと。おぉこれはかなりあっさり!ただあっさりだからと言って味がしないわけではなく、とんこつ臭はないもののほんのりとしたとんこつの味ととしょうゆの香りはどちらもきちんと感じられます。カップ麺でもこんな繊細な味をきちんと表現できるんですね。お腹が空いた時にガッツリ食べたいという味ではないですが、あんまり食欲ない時でもこれならスルスル入っていきそうな感じがしました。こってりがあまり得意ではない人向きかもしれませんね。

"まるで、生めん。" のような食感の3層ノンフライ中細ストレート麺」とのこと。中細というより完全な細麺のような気がしますが、細いノンフライ麺です。細麺とは言っても博多とんこつのような麺ではなく、もうちょっと加水が多めの弾力を感じる麺です。細いので当然主張のあんまりない麺で、雑味の少ないノンフライ麺であることも含め、あっさりスープの味をしっかり感じられる大きな理由としてこの麺の存在は大きいと思います。そして麺自体の味で小麦が香る感じなのですが、これがスープのしょうゆととんこつとともにこのカップ麺の味を決定づける大きな要素となっていました。麺の香りがとても良いです。

モヤシ、ネギ」とのこと。今まで色々カップ麺を食べてきましたが、史上最弱かもしれませんw もやし数本と微量のネギ。かやくの個装がもう1袋くらい入っているんじゃないかと探してしまいましたよ。上の画像をご覧頂いてもわかるかと思いますが、存在感が限りなく0に近い。さすがにもうちょっと頑張って欲しかったかな。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
非常にあっさりしたとんこつしょうゆのスープで、このあっさりを成立させている雑味のないノンフライ細麺を含めよくできている一杯でした。麺の香りが味の中で重要な役割を占めていました。反面、具のあまりの貧弱ぶりはもうちょっと何とかならなかったのでしょうか。あまりに少なすぎです。スープと麺だけなら★4以上ではありましたが、具を含めると★3くらいかと。この商品はド派手な最近のカープ打線というより、長内選手とか長嶋選手みたいないぶし銀といった感じですね。かなり古いですが。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加