今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining ガパオ味やきそば GAPRAO CHOW MEIN」。製造は明星食品子会社の東日本明星(明星食品嵐山工場)。昨日に引き続きイオンなどで展開されるトップバリュのの「ワールドダイニング」シリーズの商品です。以前ならタイ料理と言えばトムヤムクンと各色カレーくらいしか一般的ではなかったですが、最近はヤムウンセンとかパッキーマオとか、結構タイ料理の名前を普通に見かけるようになりました。今回の「ガパオ」は日本ではガパオライスが有名ですが、狭義ではタイのハーブの1種でタイ風のバジルと呼ばれるもの、広義ではそのハーブを使った炒めものです。今回はガパオ味の焼そばということで、エスニックな雰囲気がプンプンしています。





オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
本格感のある刺激的な味に仕上がっていておいしいカップ焼そばでした。きちんとガパオの味でした。ふりかけのパセリも重層的なスパイス感にさらに厚みを加えており、安価な割に満足のいくデキなのではないかと思います。激辛とまではいかないものの辛さもほどほどあり、辛いもの好きな人にとっても悪くない選択肢なんじゃないでしょうか。

商品概要

品名:World Dining ガパオ味やきそば GAPRAO CHOW MEIN
メーカー:トップバリュ(製造は明星食品)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・ふりかけ)
定価:税込105円
取得価格:税込105円(マックスバリュ)

ソース

オイスターソースの味を感じるしょうゆベースのソースで、タイ料理らしくちょっと辛めです。ガパオの風味付けと香辛料でパンチが効いていて、ちょっと刺激的な味に仕上がっていました。外国食品のお店で手に入るタイのインスタント麺のような奇抜な味とはちょっと違いますが、明らかに日本の味とは違う新鮮な味で、安価商品の割には本格感のあるソースだと思います。

少し縮れのある中細の油揚げ麺です。標準的なカップ焼そばの麺だと思います。油揚げ麺ですが今回のスパイス感の強いソースとあわせると、油揚げ麺臭はまったく目立ちませんでした。ソースに比してちょっと麺が弱いようにも思いますが、ソースが前に出てくる感じで悪くないです。価格を考えると多くは求められないですが、ソースとの相性的に十分に及第点には達していると感じました。

豚・鶏味付肉、ふりかけとしてパセリと唐辛子が入っています。ソースにもガパオの風味がしていたと思いますが、ふりかけのパセリもまたエスニック感を高めていました。パセリもこうなると立派な香辛料ですね。ガパオの代わりにパセリを用いて料理のガパオを作る場合もあるみたいです。肉はそこそこの量入っていました。

栄養成分表

1食113g(めん90g)あたり
エネルギー:554kcal
たん白質:11.4g
脂質:31.0g
糖質:55.7g
食物繊維:3.2g
ナトリウム:1.3g
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:155mg

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加