今回は、日清食品の「日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油」と東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン」を食べ比べます。言わずと知れた廉価大盛りカップ麺の定番、東洋水産の「ごつ盛り」シリーズと、(たぶん)あまりにごつ盛りが売れているので対抗手段として作られた(と思われる)、日清食品の「日清デカブト」シリーズの比較を数回に渡って行っていきたいと考えています。今回はその最初として、最もスタンダードな味のしょうゆラーメンでの比較です。ごつ盛りはワンタンが入っていること、日清デカブトはストレート太麺を売りにしているようで、大盛廉価商品という大枠の中で少し毛色の違うことをやっています。果たして味はどうなんでしょうか。



商品概要

品名:日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込105円(ツルハドラッグ)

品名:マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2016年2月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・粉末スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込95円(ツルハドラッグ)

栄養成分表

日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:474kcal(めん・かやく429kcal スープ45kcal)
たん白質:9.4g
脂質:18.8g
炭水化物:66.7g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく1.0g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:167mg

マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
1食117g(めん90g)あたり
エネルギー:543kcal(めん・かやく490kcal スープ53kcal)
たん白質:11.6g
脂質:28.7g
炭水化物:59.6g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.7g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:181mg

麺量は両者90gで同じ。カップ麺の大盛サイズの基本的な量と言える90gです。カロリーはごつ盛り、塩分は日清デカブトが多く、(この商品を選ぶ人ではあまりいないと思いますが)健康面を考えるならばどっちもどっちでしょうか。個人的にはカロリーよりも塩分多いのがいやですかね。こんなカップ麺のブログをやっていて今更なんですが、ナトリウム量3.0gって塩分相当量では2.54倍して7.62gなわけで、厚労省の定める塩分摂取目標量が男性8.0g以下で女性7.0g以下なので、これ一杯で終了しちゃうんですよね。もったいないと思う人もいるかもしれませんが、体のことを考えるならば食べ終わったらスープは捨てないといけないです。メーカーもたぶんそう想定して作っていると思います。最近のカップ麺は、以前に比べると減塩を謳っていなくてもナトリウム量が少ないものが多くなってきている傾向にあると感じていますが、それでも中にはナトリウム3.0gをオーバーしている商品も少なくないです。あ、いや、商品比較なのに話が逸れちゃってますねスイマセン。



「日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油」。カップ麺食べ慣れている人ならばひと目で分かる日清のストレート太油揚げ麺と、ネギの多さが特徴的。よく見ると表面に浮く油の量も多めです。こってり系しょうゆラーメンといった面持ち。



「マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン」。何と言ってもワンタンが入っていることがいちばんの相違点。麺が細めの縮れ麺なのもすぐ見てわかる違いかと思います。

スープ

・日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
鶏ガラベースに、香味油を利かせた濃厚な醤油スープ」とのこと。

・マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
チキンとポークをベースに、たまねぎの甘味でまとめたスタンダードな醤油味のスープ」とのこと。

日清デカブトのスープは、油の多さでこってり感がありながら、しょうゆの香りと鶏ガラの強さも感じるスープです。一方のごつ盛りのスープは、スパイスとタマネギの味が特徴でしょうか。日清デカブトほどの特徴的な味を感じませんでしたが、無難にまとまったしょうゆ味のスープといったところでしょうか。値段を考えると可もなく不可もなくなんですが、輪郭のハッキリしている日清デカブトのスープと比較してしまうと多少見劣りする印象でした。今までも色々商品を比較してきましたが、日清食品のスープの優位性は商品変わってもなかなか揺るがないですね。

・日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
香味野菜を練り込んだ、しっかりとしたコシとつるみのある食感のストレート太麺」で、「90gの麺重量は食べ応え十分」とのこと。

・マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
なめらかで歯切れが良く、弾力のある麺」で、「オニオンとガーリックの風味をつけ、スープとの相性を良くし」たとのこと。

今回の日清デカブトのいちばんのストロングポイントである麺ですが、太めのストレート油揚げ麺です。この形状がストレートというのだけでワンランク上の印象になるのはすごいことです。ただ太麺であることが災いし、多少スープとのバランスの悪さを感じるというか、やや麺が浮いてしまっている感じがしました。これはあくまで比較の上での話で、日清デカブト単体で食べるとそうは感じないのかもしれません。ごつ盛りの麺は中細の縮れ油揚げ麺で、こちらは一般的な廉価商品とクオリティはあまり変わらないと感じる、普通の麺ですね。でも、スープに調和するように味が付けてあるのと細い麺であることが奏功し、日清デカブトで感じたようなバランスの悪さは感じず、スープと麺に一体感がありました。縮れているためスープのりが良いのも影響していると思います。大盛商品を最後まで飽きずに食べ切るにはこういうスープと麺の相性が大事で、麺単体で見ると明らかに日清デカブトが高品質でも、スープとの相性を考えると俄然ごつ盛りの方が素晴らしいと感じました。

・日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
肉ミンチ、コーン、ネギ」とのこと。

・マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
ワンタン、味付鶏挽肉、コーン、ねぎ」とのこと。

肉、コーン、ねぎの構成はどちらも一緒。ただ日清デカブトの肉ミンチは粒が大きくそれなりに食べ応えがあるのに対し、ごつ盛りの肉は細かすぎて存在感ゼロです。コーンは同じくらいの量で味も区別付かないレベルでしたが、ネギは日清デカブトの圧勝で、結構な量のネギが入っていて、これがまたしょうゆ味のスープとの相性がバツグンでした。これは地味にうれしいところでした。ここまでなら日清デカブトの圧勝。でもごつ盛りの方にはこれにワンタンが4個加わります。大盛商品にワンタン4個というのはかなりのインパクトで、廉価商品にもかかわらず具に確固たる核があるというのは大きな優位性なんじゃないかと思います。商品全体を見てもこの4個のワンタンを覆すようなインパクトは日清デカブトには見当たらず、この差はちょっと大きいかな。

オススメ度(標準は3です)

・日清デカブト 濃厚鶏ガラ醤油
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

・マルちゃん ごつ盛り ワンタン醤油ラーメン
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

スープと麺、それぞれ単体で見るならば、ともに日清デカブトが廉価商品とは思えないレベルでおいしかったです。ただ、スープと麺のバランス的には麺が脇役に回るごつ盛りが優れ、具のワンタン4個が決定打で、全体としてのデキはごつ盛りに軍配が上がるかなと思います。どちらもオープン価格で100円程度で売られることを想定している商品で、それに求められる水準は余裕でクリアできているどころか、普通のカップ麺の価格である180円で売られても別段違和感のないデキにあると思います。日清デカブトのスープ、麺、具のネギそれぞれの付加価値も捨て難いですが、スープと麺を手堅くまとめ、ワンタンを付加したごつ盛りはお得感のある本当素晴らしい商品でした。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加