今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油」。出前一丁の新味で、袋麺とともに発売されました。出前一丁はゴマ油の風味が特徴で、担々麺もゴマが使われているので親和性高そうですが、でも担々麺のスープが本気を出せはゴマ油の風味なんてどっかふっとんでしまいそうでちょっと不安です。果たして出前一丁らしくいられているのか注目して食べたいと思います。



商品概要

品名:出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油
メーカー:日清食品
発売日:2017年5月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(辛ごまラー油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食109g(めん80g)あたり
エネルギー:526kcal(めん・かやく422kcal スープ104kcal)
たん白質:12.6g
脂質:25.9g
炭水化物:60.6g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく1.1g スープ1.6g)
ビタミンB1:1.05mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:193mg



スープ

しょうゆ味のスープをベースに練りごまを加えた、濃厚な旨みと辛みのある担々スープ」で、「通常の『ごまラー油』よりも辛みをアップした特製『辛ごまラー油』」が別添とのこと。しょうゆ味のベースですが、練りゴマやラー油の方が断然強いスープです。辛さや練りゴマである程度本格的な担々麺になっていながら、焙煎されたラー油の香りがしていてきちんと出前一丁らしさも保っています。出前一丁らしさを保ちながらきちんと担々麺。これは素晴らしいです。辛さはピリ辛よりちょっと辛いでしょうか。練りゴマは強いってほどではないものの、それなりに幅を利かせていました。

しなやかな中細ウェーブ麺」とのこと。油揚げ麺としてはかなり細めの油揚げ麺で、袋麺の出前一丁の麺をよく再現できています。麺が細いため主張が小さく、今回の濃厚な担々麺スープの前では埋没気味でしたが、この麺じゃないと出前一丁らしさに欠けてしまうのでこれで良いと思います。麺が太くてスープの味を潰してしまうくらいなら今回の感じの方がいいですね。

味付豚ミンチ、チンゲンサイ、赤唐辛子、炒りごま」とのこと。ミンチ肉は結構たくさん入っています。そして何と言っても炒りごまの効果が大きく、ゴマの香ばしい風味がスープを支配していて、スープの練りゴマよりも具の炒りごまの香ばしさの方が目立っていました。チンゲン菜は細かい上にそれほど量がなかったので、もうちょっとボリュームが欲しかったですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
炒りごまに練りゴマにゴマ油と、かなりゴマづくしな一杯でした。焙煎ラー油の香ばしさと中細麺で出前一丁らしさを保ちつつ、日清の商品らしい本格感漂う担々麺でした。炒りごまの風味がかなり香ばしくていちばん印象的でした。個人的な好みを言えば練りゴマたっぷりな担々麺が好きなんですが、炒りごまが支配する担々麺もこれはこれでおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加