今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」。「ご当地マシマシ」シリーズの新作です。今回は東京油そばです。私は油そば大好きなので今週いちばん期待していました。ご当地マシマシで油そばがどう強化されているのか楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年5月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・調味だれ・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

栄養成分表

1食125g(めん85g)あたり
エネルギー:531kcal
たん白質:9.8g
脂質:23.8g
炭水化物:69.3g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg



たれ

ポーク、チキンのうまみ、香味野菜の風味、しょうゆの味わいが特徴のしょうゆダレで」、「調味油は豚脂、鶏脂をベースに、チャーシューの香りを加え、まったりとした濃厚な味わいに仕上げ」たとのこと。強い香りのしょうゆ味で、豚脂を中心とする脂が多めに入っています。チャーシューとメンマの香りのするしょうゆだれで、この香りがかなり強い!よくあるクラシックな油そばの味をデフォルメしたような印象でした。これは良い意味であざといというか、どういう味を作りたいかがハッキリしていて、非常に好感持てました。昔風な油そばが好きならば必食の味ですね。

小麦粉の風味豊かな中太麺」で、「つるみとしっかりとしたコシがあり」、「ちぢれをつけることで、たれのからみもよい麺に仕上げ」たとのこと。縮れがあり強い弾力の中細ノンフライ麺です。まず油そばでノンフライ麺にしたのが素晴らしい。油揚げ麺の雑味がない状態でたれの味を楽しめます。ゴリゴリした強い弾力で、油そばにも弾力が強いイメージがありますが、この麺はさらにそのイメージを強化している感じがしました。たれが強いのでこの麺の細さなら普通はたれの味の中で埋没してしまうのですが、この強い弾力のおかげできちんとたれと張りあえています。そして縮れもいいです。上の説明にある通りたれの絡みを良くする面もあるのですが、弾力がある上に縮れがあることで、麺がすごい存在感になっています。たれのと相性もバランスもバッチリです。

肉そぼろのうまみとメンマのコリコリとした食感がおいしさを引き立て」、「ナルト、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。たれと麺は強化版クラシック油そばでしたが、具は流石にそういうことはなく、貧弱なものでした。メンマは今回のたれと好相性なのでもっとたくさん欲しかったところ(ただでさえ少ないのにお湯を捨てる時に一切れ湯切り穴から出ていってしまいましたw)。貧弱ではありますが一通り油そばらしい具は揃っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
風味の強いたれと強弾力強縮れの麺が素晴らしい油そばでした。このデフォルメ感いいですね。たれも麺も存在感バツグンで、クセになる味でした。これは買い置き決定。同じサンヨー食品からこの前出ていた広島式担々麺も今回と同じようにノンフライ麺を使用しており、この汁なし麺系は今後もノンフライ麺で出てくるのでしょうか。もしそうなら今後もかなり楽しみ。ぜひとも焼そばでもノンフライ麺を使用してもらいたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加