今回のカップ麺は、明星食品の「明星 とり田 博多担々麺」。博多水炊きの名店「とり田」の担々麺専門店のメニューを再現した商品です。水炊きのスープを鶏白湯として用いた担々麺で、人気が高いお店だそうなので、今回のカップ麺も楽しみです。



商品概要

品名:明星 とり田 博多担々麺
メーカー:明星食品
発売日:2017年5月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食102g(めん75g)あたり
エネルギー:494kcal(めん・かやく387kcal スープ107kcal)
たん白質:8.9g
脂質:24.0g
炭水化物:60.7g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.7g スープ1.2g)
ビタミンB1:0.54mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:145mg



スープ

水炊きを想起させる濃厚な鶏白湯スープにねりごまを合わせた、まろやかな担々スープで」、「花椒とごまで風味豊かに仕上げ」たとのこと。後から入れる調味油のラー油が最もインパクト強いです。激辛とはいかないですがなかなかの辛さになります。ベースの鶏白湯はきちんと存在を感じられるものの、強いラー油の前では主役とは言えない感じで、鶏白油と練りゴマはちょっと中途半端な印象を受けました。きっとお店の担々麺はもっと鶏白湯が幅を利かせているのだろうとは思いますが、鶏白湯みたいな繊細な味を強いラー油の中で表現するのはカップ麺ではなかなか難しいのではないかと思います。

お店の麺をイメージした、もちもちとした食感でつるみのある中太麺」とのこと。太くて丸い油揚げ麺です。お店の麺をイメージしたとのことですが、ちょっとスープの強さの割には太過ぎですかね。もうちょっと細い方がバランス取れるんじゃないかと思います。油揚げ麺臭はそれほど感じなかったものの、スープの鶏白湯をきちんと味わうためには、油揚げ麺よりもノンフライ麺が良かったんじゃないでしょうか。多少麺が浮いていしまっている印象でした。

鶏そぼろ、ネギ、ニラ、切りごま」とのこと。ニラはそれなりに風味があって、きちんと存在感を発揮していました。鶏そぼろは細かめで、ちょっと押しが弱い印象でした。切りごまもあんまり存在感がなかったように感じました。全体的に具はちょっと弱めですかね。切りごまいらないからニラか鶏そぼろをもっと増やしてインパクトを出して欲しかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
きっとお店の担々麺はこういうのじゃないんだろうなぁというのを感じてしまう一杯でした。ラー油のインパクトは良かったですが、メインとなるべき鶏白湯は後ろに隠れてしまい、鶏白湯と練りゴマは中途半端な印象でした。麺が太くてスープとのバランスの悪さもちょっと感じてしまいました。タテ型の方が売上的には良くなるんでしょうが、やっぱりこういう繊細な味の表現を求められる商品は、どんぶり型でノンフライ麺で出すのが再現性は高くなるんだろうと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加