今回は、日清食品の「日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)」と「日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)」を食べ比べてみたいと思います。そもそもどん兵衛の東西比較はすでに巷で出尽くしている感があり、このブログではやるつもりはなかったんですが、せっかくメーカーが東西の商品を出して食べ比べてみてーと言ってくれているので、一応やってみたいと思います。おそらくありきたりのことを言ってしまうと思いますがご勘弁くださいね。現在日清どん兵衛は東日本、西日本、北海道の3種類のどん兵衛が売られていて、東日本向けは新潟県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県以東、西日本向けは富山県・石川県・福井県・滋賀県・奈良県・和歌山県以西ということになっています。東西で、だしの味、おあげの味付け、七味の味が違うそうです。ちなみに赤いきつねは東日本、西日本、関西、北海道の4種類あるそうです。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
メーカー:日清食品
発売日:2017年5月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ+後入れ彩り七味)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(マックスバリュ)

品名:日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
メーカー:日清食品
発売日:2017年5月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ+後入れ彩り七味)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(マックスバリュ)

栄養成分表

日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
1食96g(めん74g)あたり
エネルギー:410kcal(めん・かやく375kcal スープ35kcal)
たん白質:10.0g
脂質:15.7
炭水化物:57.2g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.8g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.19mg
カルシウム:168mg

日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
1食95g(めん74g)あたり
エネルギー:406kcal(めん・かやく365kcal スープ41kcal)
たん白質:9.2g
脂質:16.2
炭水化物:56.0g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.8g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:162mg

(東)の方がめん・かやくのカロリーが高く、(西)の方がスープのカロリーが高いです。また、塩分については(西)が(東)より少しだけですが多いことがわかります。



上が(東)で下が(西)。画像からはわかりづらいですが、(東)のおあげの方が茶色みが強いです。あと、東のおあげの方が一回り大きかったですが、これは個体差かもしれません。



「日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)」。つゆの色が濃いです。



「日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)」。つゆの色が薄いです。他に見た目に違いはなさそう。

つゆ

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
カツオと昆布を用いた風味のよいだしに、うまみのあるしょうゆを加えた味わい深いつゆ」で、「しょうゆの風味を引き立てる、赤唐辛子を利かせたピリッと辛い "彩り七味"」が別添とのこと。

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
昆布とカツオのだしが上品に調和した、だしのうまみが後を引く味わい深いつゆ」で、「そのだしを引き立たせる和山椒を利かせた華やかな香りの“彩り七味”」が別添とのこと。

わかってはいましたが見た目も味もまったく別物ですね。(東)のつゆは濃口醤油の風味が豊かでかつおだしが香るつゆなのに対し、(西)のつゆは昆布だしが前面に出ており、薄口醤油のためしょうゆの香りは少ないです。塩分の強さは(東)(西)でそれほど差がないように感じました。ずっと東日本在住の私には濃口しょうゆの香る(東)の方が慣れ親しんだ味で食べやすかったですが、たぶん西日本の人にとっては(西)が食べやすいんでしょう。(東)も(西)もそれぞれに良さがあり、甲乙はつけ難いかなという印象でした。「彩り七味」についても違いがあり、(東)の七味は少しですが辛さのアクセントをつゆに加えているのに対し、(西)の七味は辛さはほとんど感じず、むしろ唐辛子よりも山椒の香りが目立っていました。



食後のつゆ。左が(東)で右が(西)。なんかビックカメラの歌の池袋みたいになっていますが、これだけ色が違います。

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。

これは東西どちらも同じでした。もちもち感のある油揚げ麺のうどんで、他社の油揚げ麺うどんとは一線を画す本格感のある麺です。どちらもつゆとのバランス悪くないですが、(東)はつゆがやや勝っている印象なのに対し、(西)は麺がやや前に出ている感じがしました。

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
味付油揚げ、かまぼこ。

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
味付油揚げ、かまぼこ。

具の構成は(東)(西)で同じですが、おあげの味は結構違っていて、(東)のおあげはつゆに調和するしょうゆ味だったのに対し、(西)のおあげは後を引き甘さが特徴的でした。昔食べたどん兵衛や赤いきつねはもっとおあげが甘かった気がしていてそれを恋しく思っていたんですが、(西)のおあげを食べて、これなんだよ!これが食べたかったんだよ!とちょっと感動しました。いやーおあげは(西)が好きだなぁ私は。別段、(東)のつゆにあわないとも思わないので、(東)も(北)もこのおあげにして欲しいですなぁ。

オススメ度(標準は3です)

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (東)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

・日清のどん兵衛 食べ比べ きつねうどん (西)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

東日本の味に慣れている私にはしょうゆの香りが強い(東)のつゆが食べやすかったですが、(西)の昆布だしのつゆも食べ比べると良さがきちんとわかりました。どちらもおいしいです。でもおあげは断然(西)の甘い味付けが良かったですねぇ。全国これでいいんじゃないですかね。自分だけの好みだったら嫌なのでハンサム氏にも訊いてみましたが、ハンサム氏も甘いおあげの方が好きだと言っていました。いずれにせよ(東)(西)で甲乙付けるようなものではなく、どちらもおいしかったです。気分によっていつも(東)(西)を選べるようになればいいなぁと思いました。冒頭に書いた予想通り、あたり前のことしか書かなかった気がしますが、近いうち天ぷらそばも東西比較を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加