今回は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター しょうゆ」と日清食品の「カップヌードル」を食べ比べてみたいと思います。思えば、今まで新商品以外のカップスターって全然食べてこなかったんですよね。いや正確に言うと食べてるんだけど、ブログにでは更新してなかったといいますか、あんまりコンビニに売ってないので記事にはしてなかったです。なので、リニューアル前の焼き目の付いた肉がなかなかおいしかったのも知っているし、味の特徴も掴んでいるつもりです。今回は改めてきちんとカップスターの記事を書くと同時に、どうせならライバルと思われるカップヌードルの比較もしてしまおうと思い立ちました。それにしても私は比較対象としてカップヌードルをすごくたくさん食べている気がします。



商品概要

品名:サッポロ一番 カップスター しょうゆ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年1月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込108円(マックスバリュ)

品名:カップヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2015年4月下旬
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

栄養成分表

サッポロ一番 カップスター しょうゆ
1食72g(めん60g)あたり
エネルギー:307kcal(めん・かやく268kcal スープ39kcal)
たん白質:8.6g
脂質:10.5
炭水化物:44.6g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.9g スープ1.1g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:231mg

カップヌードル
1食77g(めん65g)あたり
エネルギー:353kcal(めん・かやく335kcal スープ18kcal)
たん白質:10.7g
脂質:15.2
炭水化物:43.4g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.9g スープ1.0g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:95mg

麺量はカップヌードルが5g多いですが、その差はあまり考えなくても良さそう。カロリーもカップヌードルの方がありますが、麺の脂質の高さが影響していそうです。逆にスープはカップスターの方がカロリーが高く、より濃い味が期待できそうです。また、カルシウムの量も圧倒的にカップスターが上回ります。



こちら「サッポロ一番 カップスター しょうゆ」。麺の色が濃いのが特徴的です。また、肉、エビ、卵がバランス良く入っています。



こちらは「カップヌードル」。カップスターに比べると麺がスープをだいぶ吸ってしまっていることがわかります。また、エビや卵の量がかなり多いのも特徴と言えます。肉も2種類の肉をあわせるとカップスターより多そうに見えます。

スープ

・サッポロ一番 カップスター しょうゆ
ビーフエキスとチキンエキスをベースに、ホタテ、えび、かつおの魚介エキス、香味野菜のうまみを合わせ、濃口しょうゆでほのかな香ばしさをつけ」たとのこと。

・カップヌードル
ペッパーを利かせたコクのあるオリジナルしょうゆスープ」とのこと。

どちらもしょうゆベースのスープなんですが、味は全然違いました。カップヌードルはお馴染みのスパイスの効いた味で、しょうゆ自体は薄めなのに対し、カップスターはしょうゆ味が濃いめ、というか、ベビースターラーメンに似ている味がします。より味がハッキリしているのはベビースター、じゃなかったカップスターの方で、両方一緒に食べちゃうとカップヌードルの味に物足りなさを感じます。私はベビースターラーメン大好きでよく買って食べるくらいなので、スープについてはカップスター上位とみました。

・サッポロ一番 カップスター しょうゆ
ツルツルと喉越しがよい細めんに、丸大豆しょうゆをベースとした味付けをすることでスープとの一体感を高め」たとのこと。

・カップヌードル
湯のびしにくく、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。

どちらも形状は似たような、細くて縮れた油揚げ麺です。カップヌードルの方が一回り細いですね。ただそれよりも気になるのは先ほども書きましたがカップヌードルの麺がかなりスープを吸ってしまうこと。これは良し悪しじゃなくて、それでこそカップヌードルって部分なんですが、その結果、カップヌードルの麺は結構ふにゃふにゃになるのに対し、カップスターの麺は芯がきちんと残る食感となっていました。そして、カップスターは麺自体にも味がきちんとついているのに対し、カップヌードルの麺はそれほどではないため、ちょっと油揚げ麺臭を感じます。カップヌードルの場合はこれが悪いということではなくて、そこも含めてカップヌードルなんですよね。カップスターは麺にスープと同じような味をつけることによって、カップヌードルは麺にスープを大量に吸わせることによって、それぞれスープと麺に一体感を持たせています。麺は優劣が付け難い部分ではありましたが、私はカップスターの方が好きです。

・サッポロ一番 カップスター しょうゆ
ポークダイス、スクランブルエッグ、えび、ネギ」とのこと。

・カップヌードル
ダイスミンチ」、「ほかに、コロ・チャー、エビ、ネギ、たまご」とのこと。

具の構成は、カップヌードルにコロ・チャーが入っていること以外はよく似ています。カップヌードルのエビはエビ自体の味が強くてとてもおいしいのですが、カップスターのエビも量こそ少し少ないですが負けていません、卵はカップヌードルが圧倒的に量が多く、甘みも強かったです。肉はカップヌードルの方が量は多いものの、カップスターのダイス肉は粒が大きく、そのうえ濃い味付けがされていて存在感が大きかったです。カップヌードルはダイスミンチとコロ・チャーの両方が入っていて、それがかえって中途半端に感じてしまいました。具の総量は断然カップヌードルで、肉だけで言えばカップスターの存在感が強いといったところでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

・サッポロ一番 カップスター しょうゆ
★★★★★★☆☆☆☆(6)

・カップヌードル
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

すべての味でカップスターが勝るとは思いませんが、しょうゆ味対決においてはカップスターの方がおいしいと感じました。スープの味がしっかりしていることに加え、ダイス肉の大きさや味もよくできています。カップヌードルはカップヌードルで誰しもが思い浮かべられる安定の味ですが、比較してしまうと味がハッキリしないです。これがいいとも思うので、変えて欲しいとはまったく思わないんですけどね。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加