今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば」。やみつき旨辛シリーズは今回で第6弾だそうですが、このブログでは第1弾の2商品しか記事にしてないですね。今回は焼そば2種類で、ひとつは富山ブラック、もうひとつはちゃんぽんを焼そば化した商品です。まずは富山ブラックの方を食べてみたいと思います。



商品概要

品名:マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2017年4月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・かやく)
定価:税込180円
取得価格:税込116円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食112g(めん90g)あたり
エネルギー:494kcal
たん白質:9.5g
脂質:21.2
炭水化物:66.4g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:190mg



ソース

チキンの旨味をベースに、濃厚な醤油味と黒胡椒をたっぷりと利かせた、深みとコクのある旨辛ソース」とのこと。富山ブラックをイメージさせる、コショウのパンチと濃いしょうゆ味が特徴のソースです。概ねイメージ通りの富山ブラックの味がしますが、スパイス感が強いため、塩分量にはそれでもないにもかかわらず、旨辛というよりは塩辛いという印象を強く持ちました。カレー屋さんとかでも辛さをあげると、辛さよりも塩辛さが目立つことがありますが、まさにそんな感じで、スパイスを強くするならば塩けは抑え気味にしないと実態以上に塩辛く感じてしまいます。それでも濃い味が好みの人には良い味かもしれないですが、年々塩分とか脂分とか苦手になっておっさん化している私オサーンにはちょいと厳しい味でした。ナトリウム1.6gって、カップ焼そば的にはホントそんなでもない塩分なんですけどね。

モチモチとした食感で、食べごたえのある太麺」とのこと。ソースを絡める前からちょっと黒っぽくて、全粒粉が入っているのか?と思わせる麺ですが、それを別にアピールしているわけではないので、多分入っていないんだと思います。縮れの強い太い油揚げ麺です。太いので存在感はありますが、この太さでも濃いしょうゆと強いスパイスのソースの前ではバランス的にはちょっと見劣りしていました。麺の問題というよりは、ソースの塩けをもうちょっと抑えてくれれば解決するんじゃないかなと思います。ソースが濃いので油揚げ麺臭はほとんど感じませんでした。

メンマ、なると、ねぎ」とのこと。しょうゆ味とメンマの相性の良さを感じはするものの、やっぱりちょっとしょっぱさが前に出すぎていて味のバランスを崩している傾向があると思います。どの具も量がそれほど多くなく、濃いソースの中で埋没している感じがしました。ちょっともったいないですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
富山ブラックを焼そばというか油そばっぽいものにするアイデアはすごく良いと思います。汁無しながら富山ブラックらしさもきちんと感じられ、強力なスパイス感のしょうゆだれは濃い味がいけるならばおいしいと感じるんじゃないでしょうか。おっさん的な感想として、スパイスを強くするならもうちょっと塩けは抑えて欲しかったかなということでこの評価にしましたが、アイデアも味も悪くないです。ご飯と食べるなら間違いなく箸が進むし、カップ麺らしい面白い創作でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加