どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメン ぶっこみ飯」。カップヌードルに続いて今回はチキンラーメンのぶっこみ飯です。チキンラーメンのスープって個人的にはご飯とはあまりあわないと思っていて、以前も売られていたチキンラーメンごはんは鶏五目だったんですよね。今回はスープにご飯を投入するぶっこみ飯なので、果たしてご飯ときちんとあうのかどうか、期待と不安を織り交ぜながら食べてみたいと思います。



商品概要

品名:カップヌードル ぶっこみ飯
メーカー:日清食品
発売日:2017年4月17日(月)
麺種別:ライス
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食77gあたり
エネルギー:315kcal
たん白質:7.3g
脂質:7.8g
炭水化物:54.0g
ナトリウム:1.3g



スープ

チキンラーメンの元祖鶏ガラスープをベースに、しょうゆのコクとたまごのまろやかさ、フライ麺ならではの香ばしい風味を加え」たとのこと。先ほどチキンラーメンのスープはご飯とあまりあわない気がすると書きましたが、いやごめんなさい、バッチリよくあっていました。「しょうゆのコクとたまごのまろやかさ」が加えられているとのことですが、チキンラーメンの味のイメージをきちんとキープしながらご飯とあう形にチューニングされています。これうまいですよ。かなりうまい。なんか麺よりご飯のほうがおいしいんじゃないかと思ってしまいました。チキンラーメンは食べ慣れているはずなのに、今回のスープは新鮮でした。

ライス

熱湯調理の湯戻りの良いごはん」とのこと。以前販売されていた日清のごはんシリーズの「チキンラーメンごはん とり五目」はスープがないタイプのご飯でしたが、今回はスープのあるリゾットタイプです。湯戻しだけでカップヌードルごはんやチキンラーメンごはんのようなタイプのご飯を作るのは難しいのでしょうか。ただ、スープのないタイプに比べてご飯の食感はかなり自然です。そしてチキンラーメンの味にリゾットタイプはバッチリハマっていました。

チキンラーメンの麺、かきたま、蒸し鶏、ネギ、白髪ネギ」とのこと。チキンラーメンの麺が結構たくさん入っています。スープにご飯を投入して底に残った麺をすくうのよりだいぶ量多いと思います。ご飯と一緒に食べると食感が面白かったです。かきたまも量が多く、彩りとまろやかさで貢献していました。蒸し鶏は大きかったですが、もうちょっと欲しかったかな。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
チキンラーメンのスープを見事にご飯とマッチさせていました。しょうゆの味が厚くなったところがその要因かと思いますが、もともとのチキンラーメンの味のイメージをまったく崩さずにご飯とマッチさせていたのは素晴らしいと思いました。そして具として入っているチキンラーメンの麺も、以前のチキンラーメンごはんの時より量が多く存在感あって面白かったです。半月前に出たカップヌードルぶっこみ飯よりもだいぶデキが良いと感じました。おいしかったです。


スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加