今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 両国 ちゃんこ鍋風」。「和ラー」シリーズ第2弾商品の一角です。ちゃんこ鍋をイメージしたラーメンとのことで、鶏の味がメインになるんでしょうね。全然関係ないですが、ハンサム氏は昔ちゃんこ鍋屋でアルバイトをしていたことがあるそうなので、おいしかったかどうか訊いてみたんですが、働いていたけど食べてはいないそうでよくわからないそうです。私も昔ちゃんこ屋に入ってことがあるんですが、味よりも席やテーブルがやたら狭かった印象しかないんですよね。なのでちゃんこが何たるかはよくわかってないのですが、食べてみたいと思います。



商品概要

品名:サッポロ一番 和ラー 両国 ちゃんこ鍋風
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年3月21日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込135円(西友)

栄養成分表

1食77g(めん58g)あたり
エネルギー:316kcal
たん白質:7.9g
脂質:10.2g
炭水化物:48.1g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.8g スープ1.3g)
カルシウム:238mg



スープ

鶏のうまみを炊き出した醤油味のスープに、野菜や昆布だしのうまみをきかせ」たとのこと。しょうゆ味は下支え程度で、鶏の味がよく出たスープです。純粋に鶏の味だけではなくちょっと香ばしくて強い風味を感じたんですが、原材料を見ると鶏レバーが入っているようで、これですかね。ちょっと化学調味料の味が前に出てしまっている感じはあったものの、鶏の味と野菜の甘さがマッチしていてなかなかおいしいスープです。

コシがあり、湯のびが少なく密度感のあるなめらかな麺」で、「生麺にひけをとらない食感」とのこと。他の和ラーシリーズと同じ中細の油揚げ麺です。日清と明星以外ではあまり見かけないストレート油揚げ麺なんですよねこれ。ノンフライ麺っぽい食感を感じるのはこのストレート形状も影響しているものと思われます。油揚げ麺臭があまりないのでスープの邪魔をすることもなく、今回の鶏味スープとも相性の良い麺だと感じました。

鶏つみれとシャキシャキしたキャベツ、なめらかな豆腐に花形かまぼこを加え、彩りよく仕上げ」たとのこと。具はかなり賑やかで、鶏つみれと豆腐の量が多かったです。おおよそちゃんこ鍋といえば思い浮かべるまんまの具の構成で、特に鶏つみれの食べ応えは迫力がありました。価格を考えるととてもよく頑張っている具だと感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鶏のよく出たスープと麺の相性がよく、盛りだくさんでちゃんこ鍋のイメージ通りの具も相まって、和ラーシリーズの良さを改めて感じる一杯でした。麺が味の邪魔をしないことで、スープの味の細かいところまできちんと感じられる、やっぱりこのシリーズは麺ありきですね。鶏つみれの食べ応えがあったのがいちばんインパクトと感じた商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加