今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付」。 だし粉の焼そばといえば富士宮やきそばを思い浮かべますが、今回は「まろやかソース」と銘打たれており、富士宮やきそばがまろやかソースなんてことはないと思うので、富士宮やきそばをイメージして作られた商品ではないのでしょう。それよりも、パッケージを見て色合いが東洋水産のライバル商品である「ごつ盛り ソース焼そば」に似ているなぁと思ったのは私だけではないはず。ちょっと寄せ過ぎじゃないですかねぇ。なんだか日清らしからぬ印象を持ちました。味は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付
メーカー:日清食品
発売日:2017年3月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・だし粉ふりかけ)
定価:オープン価格
取得価格:税込117円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食152g(めん130g)あたり
エネルギー:666kcal
たん白質:14.2g
脂質:29.0g
炭水化物:87.1g
ナトリウム:2.4g
ビタミンB1:0.59mg
ビタミンB2:0.77mg
カルシウム:187mg



スープ

ウスターソースにかつお節エキスを加えた、まろやかでコクのあるソース」とのこと。食べ始めて一瞬、これはしょうゆ味か?と思うくらいソースの味が弱く、ソースはまったく尖っていません。全体的に押しが弱くて、具のところで触れるふりかけを前面に出すための下支え的な存在に終始していたように感じました。商品名通りまろやかではありますが、ソースは完全に脇役でしたね。カップ焼そばらしい味の強さを求めると肩透かしかもしれません。

ガーリックを練りこんだ味わい深い中細麺」で、「麺重量130g」とのこと。中細の油揚げ麺で、ソースの主張の弱さに対して麺もあんまり主張してこないので、バランス的には問題ありませんでした。何よりスーパーだと100円程度の価格で変える商品がこの大盛麺量なのはありがたいですね。このシリーズのコスパが素晴らしいと言われる所以です。

キャベツ」に、「かつお節、煮干し、アゴだしにあおさを加えた香り立つ特製だし粉ふりかけ」が別添とのこと。キャベツは少なくて小さいです。オマケ程度といったところ。主役はだし粉ふりかけで、塩け以外の味はほぼこのふりかけが担っていました。そんなにたくさんの量のふりかけではないのですが、ソースの味が弱いため、ふりかけのアゴだしの味が強く前に出ていました。富士宮やきそばと比べるとソースも魚粉も弱いんですが、これはこれでバランスは取れている印象でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
麺量が多かったりだし粉がしっかりしていたりでこのシリーズらしいコスパの良さはありましたが、だし粉以外の味がちょっと弱い印象があり、廉価商品っぽさが出てしまっている感じがしました。冒頭にも書きましたがごつ盛のパッケージと色合いが似過ぎているのが気になりますね。味の方向性が違うし、ついでにも完成度もぜんぜん違うので注意が必要です。デカヤキはやっぱりソース焼そばがいいです。量の多さと価格の安さでこの評価にしました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加