今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」。日清ラ王シリーズの新作です。酸辣湯は各社から色んな商品が出ていますが、ものによって味が違うので結構面白いです。今回のラ王はどんな味で勝負してくるのでしょうか。



商品概要

品名:日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺
メーカー:日清食品
発売日:2017年3月6日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく2袋)
定価:税別220円
取得価格:税込189円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食103g(めん65g)あたり
エネルギー:326kcal(めん・かやく284kcal スープ42kcal)
たん白質:8.9g
脂質:7.2g
炭水化物:56.4g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく1.1g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:137mg



スープ

濃縮した鶏のうまみをベースに、爽やかな酸味とラー油のピリッとした辛みをバランス良くきかせたスープ」とのこと。華やかな酸味が特徴のスープです。今まで食べた酸辣湯麺の中でいちばん酸っぱいんじゃないかなと思います。酢酸の風味の強さの割に味は酸っぱくないものが多いんですが、今回のは酸味が強かったです。辛さはピリ辛よりちょっと辛い程度でしょうか。それなりに辛くて酸味との両立ができており、黒酢などの風味が前に出てくるわけではないので食べやすいスープでもありました。とっつきやすくておいしい味だと思います。

20番の切刃で切り出した3層ストレートノンフライ麺」で、「スープによく絡む、しなやかな中細麺に仕上げ」たとのこと。中細のノンフライ麺です。いつものラ王に比べるとちょっと細めの麺で、加水は多めですが正麺とかに比べて極端に多加水麺というわけじゃないのでしなやかさも持ち合わせており、スープとの相性もとても良かったです。ほどよい加水のラ王の麺は他社の多加水麺に比べるとスープをそれほど選ばない万能な麺という側面があると感じています。

たっぷりのかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、シイタケ」とのこと。かきたまだけで1袋になっているほど、かきたまににこだわっています。量が多い上に色鮮やかで、スープの赤との対比がきれいでした。チンゲン菜もそれなりに量が入っていて、きちんとチンゲン菜の味がしていました。こちらも色合いが良かったですね。蒸し鶏はちょっと大ぶりでおいしかったんですが、もうちょっと量が欲しかったところ。シイタケはかなり細かいものが入っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
今までの酸辣湯麺は黒酢の風味が前に出てきたり辛さを全面に出してきたりするものが多かったんですが、今回の酸辣湯麺は酸味が前に出てくるわかりやすい味でとっつきやすくおいしかったです。また、かきたまの量が多くて食べ応えがありました。最近の日清は麺ニッポンシリーズを強力にプッシュしているイメージがありますが、同じ値段でもラ王のほうが味はワンランク上なんじゃないかと思わせる一杯でした。ライバルの正麺に負けずにどんどん新商品出してもらいたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加