今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」。札幌のみそラーメン店人気ナンバーワンと言っても良い麺屋彩未と、東京のとんこつラーメンの重鎮である田中商店のコラボ商品です。個人的には2店コラボさせるよりは1店ずつやるほうがお店らしさが出て良いとは思うのですが、どっちのお店も超絶ビッグネームなのでインパクトは大きいですね。お店単体の再現ものも東洋水産からそれぞれ発売されていましたが、どちらのデキもなかなか良かったので期待して食べたいと思います。私は田中商店に特に強い思い入れがあるので楽しみです。



商品概要

品名:マルちゃん 縦型ビッグ 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2017年2月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税込205円
取得価格:税込221円(セイコーマート)

栄養成分表

1食104g(めん70g)あたり
エネルギー:495kcal(めん・かやく363kcal スープ132kcal)
たん白質:11.0g
脂質:24.8
炭水化物:57.0g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく1.2g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:184mg



スープ

ポークをベースに味噌を加え、香辛料で味を調えた、濃厚な味噌豚骨味のスープ」で、「調理感のある野菜やにんにくの香りを利かせた、特製油付き」とのこと。とんこつベースの濃厚なみそ味スープで、野菜の炒めた風味やしょうがが効いています。彩未の特徴はある程度出ていますが、食べてすぐにこれは彩未だ!とわかるような再現性ではなく、田中商店に至ってはどこが田中商店なんだかよくわからないスープです。札幌風みそラーメンのスープとしてならまだわからなくもないですが、彩未でもなく、田中商店要素は見当たらず、どうにもパッケージ倒れの印象が拭えませんでした。

スープとの相性が良い、食べごたえのある角麺」とのこと。角ばった太めの油揚げ麺です。本気盛の麺に似ています。スープが濃いめなので、太めの麺とのバランスはよかったと思います。ただ、彩未の多加水麺も田中商店の極細麺も、どちらも再現していません。東洋水産の既存のパーツをくっつけてきた感が強いですかね。東洋水産のタテ型の時点で諦めなければいけないことのようにも思いますが、それにしても既存のパーツのバリエーションが少なすぎるように感じます。日清だともうちょっときちんと寄せてくるんじゃないかなぁと思ってしまいます。

味付挽肉、キャベツ、ねぎ」とのこと。具はそれなりに量があることについては評価ポイントではあるものの、これもお店に寄せる気はまったくないですね。いちばん目立っていたキャベツは、きっとカップ麺のやんごとなき事情で入れざるをえないんだろうというくらいどんなカップ麺にも入っているものではあるのですが、彩未も田中商店もキャベツというイメージはまったくないですね。なにかひとつでもお店らしい具があれば良いのですが、そういうのは残念ながらなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
パッケージに彩未と田中商店両店の店主の顔写真まで載せて購買意欲を煽りながら、この再現性の低さはちょっと厳しいように思います。どこまでやれば再現なのかというのは各社基準が違うんでしょうが、両店のうちどちらかでも知っているお店であれば、特に田中商店の味を知っている人が食べたならば、ちょっと納得できない味なんじゃないでしょうかね。とんこつベースの濃いみそ味で野菜やしょうがの香りがするという点はすみれ系札幌ラーメンである彩未に寄せてはいるので、少なくとも田中商店を冠していることは忘れて食べた方が良いと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加