どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清欧風カレーメシ バター&ビーフ」。辛さレベルは5段階中3とのこと。私オサーンはこのカレーメシシリーズが大好きなので今回も楽しみです。ただ個人的な好みとして欧風カレーはお店で食べるとフルーツが強すぎてあんまり得意ではない場合が多いのですが、今回は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清欧風カレーメシ バター&ビーフ
メーカー:日清食品
発売日:2017年2月13日(月)
麺種別:ライス
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食103gあたり
エネルギー:451kcal
たん白質:6.3g
脂質:15.1g
炭水化物:72.5g
ナトリウム:970mg



ルゥ

うまみたっぷりのビーフをベースに、バターのコクとフルーツチャツネの甘味を加えた奥深い味わいのカレールゥ」で、「ガーリックを中心としたスパイスの香りと、唐辛子の後引く辛さがクセにな」るとのこと。現行の他カレーメシに比べるとスパイシーではないですが、強いビーフの味とそこそこのスパイス感に加えてバターとフルーツの風味が強く出ています。まさに欧風カレーです。カレーメシの美点のひとつがスパイス感だと思っているのでちょっと物足りなくはあるのですが、それでもバターの味はなかなか良いです。欧風カレーにありがちなフルーツの味で甘くなりすぎていないのが良かったです。辛さはほどほど、辛口レベルではなかったです。

ライス


湯戻し後10分くらい経った状態

湯かけ調理でも湯戻りのよいごはん」とのこと。何よりカップ麺と同じように湯戻し調理だけという手軽なのが良いのですが、きちんと水分が浸透したふっくらごはんにするならば、規定の湯戻し時間の5分よりも長い時間かけるほうが良いです。そしてよくかき混ぜることも大事です。今回は具のチーズの効果なのか、それとも改良が加えられているのかはわかりませんが、お湯を入れてから10分くらい経ったあたりでかなり良い状態のごはんになりました。

味付豚ミンチ、チェダーチーズ、ニンジン」とのこと。チェダーチーズはルーにとけてよくわからなかったですが、味はきちんと感じられました。ミンチ肉は結構たくさん入っていて、粒も大きく食べ応えがありました。一方でニンジンはあんまり入っていませんでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今回のカレーメシもきちんとおいしかったです。手軽にカレーが食べられるという利点に加え、きちんと味が伴っているのは本当にすごいことだと思います。今回はいつものカレーメシに比べてスパイス感はなかったですが、バターとフルーツがほどよく効いた欧風カレーらしい味に仕上がっていました。なかなかおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加