今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」。麺の至宝シリーズは2年くらい前から始まり、今まで結構な数の商品が販売されてきました。その割にこのブログではあんまり紹介できてなかったんですよね。今回久々にこのシリーズのレビューとなります。



商品概要

品名:サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年1月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食96g(めん70g)あたり
エネルギー:438kcal
たん白質:9.1g
脂質:19.1g
炭水化物:57.5g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.8g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.72mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:224mg



スープ

厚みのある味わいのポークエキスをベースに、みそ、しょうゆのうまみを合わせ、唐辛子、四川省産の花椒で辛みを加え、さらにラー油を使用することで、奥深い味わいに仕上げた麻婆味のスープ」とのこと。辛みはピリ辛程度、シビレもそんな強いわけではありません。そして何だか厚みがない印象の味で、スープの色の濃さの割にあまり印象のイマイチ薄いスープでした。麻婆豆腐のようなガッツリくる味ではなかったですね。ちょっと拍子抜けする味でした。

特殊切刃を使用することで刀削風麺を再現し」、「麺の厚みの違いによりつるつるとした食感と、しっかりとした食べ応えを楽しめる、スープの絡みがよい麺に仕上げ」たとのこと。全体的に中細程度の油揚げ麺です。確かによく見ると麺の太さが部分部分で違うので刀削麺っぽさがあるのですが、でも食べて太さの違いはあまり感じなかったです。それよりもむしろ、食感が油揚げ麺とは思えない自然な麺で、同じくレベルの高い油揚げ麺の日清の有名店シリーズ等で使われている麺が低加水な油揚げ麺なのに対して、こちらの麺はちょっと多加水っぽい麺で好対照です。スープが厚みがなくてちょっと弱いのでややバランスが悪いと感じましたが、それでも油揚げ麺特有の風味が気にならない程度だったので問題なかったです。この麺ほんと油揚げ麺なのか?と思う素晴らしい麺でした。

豆腐のやわらかな食感と甘み、肉そぼろのうまみがスープとよく合い、食欲をそそり」、「ねぎのさわやかな風味がスープのおいしさを引き立て」るとのこと。豆腐!豆腐!思わず絶叫しましたよ。絹ごしの食感のきちんとある豆腐で、味もきちんと豆腐そのもの。この豆腐はすごいなぁ。正直、前回食べたけんちん汁風うどんにもこれちょっと入っててほしかったな。メーカー違うのでどうにもなりませんが。この豆腐はセブンプレミアムの豆乳担々麺に入っていたのと同じやつだと思われます。その時より量が多いのでインパクト強いです。ネギは結構たくさん入っていて、肉そぼろはほどほどでした。とにかく豆腐です。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープだけなら★2かと思っていましたが、思いのほか麺と具の豆腐のインパクトが強くてこの評価にしました。あんまり麻婆豆腐って感じはしなかったのでスープにもう少し厚みがあったなら良かったんですが、麺と豆腐がすごいのでもったいないデキですね。この麺と豆腐はいろいろ未来がありそうで今後が楽しみです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加