今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 カルボナーラうどん」。日清どん兵衛の創作系シリーズの第2弾として発売されています。第1弾は明太子クリームでした。創作系はパスタっぽい味でしばらく続くんでしょうか。となると今後あるのか?ナポリタン。ひとまずは今回のカルボナーラを楽しみたいと思います。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 カルボナーラうどん
メーカー:日清食品
発売日:2017年1月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食94g(めん70g)あたり
エネルギー:438kcal(めん・かやく332kcal スープ106kcal)
たん白質:7.8g
脂質:19.4g
炭水化物:58.0g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.8g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:145mg



スープ

タマネギの甘みとベーコンの香りを利かせた、クリーミーな『カルボナーラ』風のスープ」とのこと。タマネギとベーコンの香りが確かにする、カルボナーラっぽい味のスープです。ベーコンとペッパーの味が特に強くて、これは確かにカルボナーラの味です。ただ実際のカルボナーラと比べると、パスタのようなソースではなくスープなのでしょうがない部分はあるのですが、ちょっと薄いですかね。カルボナーラのあのまったりした濃さを求めて食べるとちょっと肩透かしかもしれません。カルボナーラと考えずにクリームスープと考えるならいいんでしょうけど、これはカルボナーラではなくあくまでカルボナーラ「風」と考えたほうが良いように思います。

どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。油揚げ麺のうどんです。どん兵衛ならではのつるみのありながらちょっとしっとりした麺です。タテ型なので成形の関係上、ストレートではなくやや縮れています。でも食感は完全にどん兵衛なので、タテ型でもこの麺だけで十分どん兵衛とわかるのはすごいことかなと。今回はスープの押しがそれほど強くないので、麺がややスープに勝ってしまっているかなという印象でしたが、悪くはないバランスだと思います。

ベーコン、かきたま、キャベツ、インゲン」とのこと。前回のどん兵衛変わり種第1弾の時もそうでしたが、日清タテ型の割には具はあんまり強くないです。ベーコンやインゲンは特徴的な具ではあるのですが、量は少なめ。かきたまやキャベツもそんなに量入っていないです。ベーコンとインゲンにコストを集中させた方がインパクトは強かったんじゃないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
どん兵衛の創作系シリーズ第2弾として発売されましたが、十分おいしいもののインパクトはちょっと薄かったですかね。カルボナーラの雰囲気は出ていましたが、カルボナーラのまったりこってり感は得られませんでした。おいしいので評価は下げませんが、第1弾の明太子クリームの方が私には完成度が高いと感じられました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加