今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒」。この前食べた「赤」に続いて今回は「黒」です。「赤」はいつも売っているノーマルの正麺担々麺と同内容の商品でしたが、こちら「黒」は黒ゴマを用いたオリジナルということで楽しみです。ただ「赤」は間違いなく名作に数えられる逸品なので、それと比較しちゃうのはさすがにかわいそうなのかなとちょっと思います。



商品概要

品名:マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒
メーカー:東洋水産
発売日:2017年1月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税込205円
取得価格:税込199円(イオン)

栄養成分表

1食121g(めん65g)あたり
エネルギー:462kcal(めん・かやく312kcal スープ150kcal)
たん白質:12.7g
脂質:18.9
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.0g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:289mg



スープ

鶏肉と鶏ガラの旨味をベースに、白味噌や黒ねりごま等を加えた、風味豊かな黒い担担スープ」で、「黒いりごま・粗挽唐辛子入り」とのこと。みそが強いスープで、担々麺で一般的な白ゴマではなく黒ゴマが使われているのが大きな特徴です。昨日食べた「赤」とはだいぶ違い、ちょっと黒っぽいです。辛さは「赤」と比べてほとんど感じられず、担々麺というよりは変わり種のみそラーメンのスープという印象でした。スープに入っている黒ゴマに加えて粒の黒ゴマも入っていて、後味の苦みがちょっと大人の味ですね。色の濃さの割にそれほど強く主張してくる味はなかったです。

生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。「赤」と同じ正麺の多加水ノンフライ麺です。他の味の商品とは小さく変えているのかもしれませんが、食べた感じはよくわからないです。日清ラ王のようにスープの味によってハッキリわかるような違いはないと思います。みそ系の担々麺のスープと多加水麺の相性はとても良いと思いますが、「赤」ほどスープの押しの強さはないので、それに比べると麺の主張が多少強く感じられます。

味付挽肉、ニラ、ねぎ」とのこと。スープに入っている黒ゴマを除いてしまうと、ボリュームは「赤」同様まったくないです。ニラが特徴的な具ではあるんですが、いかんせん量が少ないのであまり存在感なかったです。「赤」の練りゴマと違ってこちらは黒の粒ゴマも入っているので、「赤」に比べると不足感は小さかったように思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
正直、食べながら★4を付けようと思っていたのですが、最後の方、黒ゴマの後味の苦みが後を引き、もっと食べたいと思える味だったので評価を上げました。味のインパクトの麺でも完成度の麺でも「赤」(というかノーマルの正麺担々麺)に遠く及ばない印象で、担々麺というより変わり種みそラーメンだったのですが、値段を考えると良いデキなのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加