今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺 赤」。今回は正麺担々麺の「赤」と「黒」が同時発売で、赤はラー油の赤、黒は黒ゴマの黒のようです。まずは赤から食べてみたいと思います。正麺はかなり頻繁に新商品を投入してきますね。毎週のように正麺を食べている気がします。正麺の麺は担々麺のスープと相性が良いので楽しみです。



商品概要

品名:マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺 赤
メーカー:東洋水産
発売日:2017年1月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税込205円
取得価格:税込199円(イオン)

栄養成分表

1食120g(めん65g)あたり
エネルギー:457kcal(めん・かやく284kcal スープ173kcal)
たん白質:13.6g
脂質:17.4
炭水化物:61.6g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.0g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.71mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:252mg



スープ

ポークの旨味をベースに、白味噌、ねりごま等を加えた、濃厚でコクのある担担スープ」で、「花椒やラー油でしびれるような味わい」、「粗挽唐辛子入り」とのこと。みそ味ベースで、練りゴマを強く感じる担々麺として正当派な味です。練りゴマの強さに加え、ラー油の辛みと花椒のしびれもあり、この味はエースコックのノンフライ麺タイプ担々麺を思わせる王道ぶりですね。辛さは結構あってピリ辛以上で、結構やわらかい味の多い東洋水産の商品としてはかなり思い切った辛さだと思います。あまり奇をてらわず、きちんと担々麺らしさを追求している、鉄板の味と言って良いと思います。とてもおいしいです。税別205円のそれほど高くない商品なのにかなりの重厚感を感じるスープでした。

生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。いつもの正麺の多加水ノンフライ麺です。多加水で弾力とつるみの強い麺なので、スープによってはあわない場合も多々ある麺なんですが、今回のような担々麺とか、あとみそラーメンといった、主張の強いスープとはとてもよくマッチする麺です。担々麺の麺は本来ならもっと低加水の麺の場合が多いんですが、それでもこの多加水麺は担々麺との相性バッチリだと思います。

味付挽肉、いりごま、ねぎ」とのこと。さすがに205円の商品でスープと麺がこれだけ高レベルで、その上に具まですごい なんてことはないです。全体的に貧弱です。これで具まで充実していたらすべての面で250円超えの商品より高クオリティになってしまうので、しょうがないところでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
上まで書いて気づいたんですが、この商品はレギュラー商品の「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺」とまったく同じです。栄養成分もなにひとつ違うところがない同じ商品です。よく見ると東洋水産のホームページにも同内容だと書かれていました。正麺は担々麺が一番おいしいなと改めて思いました。完璧に近い一杯でした。明日は同時発売の黒を記事にしますが、黒はきちんとオリジナルのようです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加