今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」。ついにこの日が来てしまいました。今年もやってきましたチョコソース焼そば。先日、この商品がヤフーニュースの記事になっていたのを見た方も多いと思います。「甘じょっぱい」をキーワードに、ロイズのチョコがけポテチなどと同様、焼そばでも甘じょっぱい商品が支持されるのではないかという開発意図だったとメーカーが語っていましたが、昨年のチョコソース焼そばや今年のショートケーキ焼そばを食べた方なら、味を支持されることなんて考えてないでしょ?と思わずツッコミを入れたくなる内容だったと思いますw 味覚は人それぞれかと思いますが、それでもあの味をおいしいと思う人が一定割合いると思って作ってるわけがないと感じるのは私だけではなかったと思います。たしかに昨年のチョコソース焼そばやショートケーキ焼そば発売時も商品説明に「甘じょっぱさがクセになる」とは書かれているのですが、果たして本気でそう思っていたのかどうかw



商品概要

品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース
メーカー:明星食品
発売日:2017年1月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(ソース・かやく・チョコソース)
定価:税別180円
取得価格:税込124円(イオン)

栄養成分表

1食108g(めん90g)あたり
エネルギー:489kcal
たん白質:9.3g
脂質:20.1g
炭水化物:67.7g
ナトリウム:0.8g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:274mg



ソース

ココアパウダーとシナモンを加えてチョコ感を持たせた塩味ベースのたれに、カカオバターとバニラの風味を加えたオイルを合わせたソース」に、「チョコ焼そばを仕上げる少しビターな特製チョコソース」が別添とのこと。メインとなるソースはまったく甘くなくて、チョコの香りのする塩味のソースです。これにちょっとチョコの味が濃いめの別添チョコソースをかけるのですが、これも思ったほど甘くなくて、意識してこのチョコソースを口に入れるとちょっと甘いと感じるくらいです。昨年バージョンの甘くてしょっぱくて食べるのが苦しいwソースからは明らかに一新してきています。基本的にはチョコの香りがする塩だれ。甘さを削ぎ落とすことで昨年のソースよりはるかに食べられるものに仕上がっています。それがおいしいのか?と問われると微妙なところではあるのですが、でも正直、今年のはまずくはなかったです。チョコという素材にカップ焼そばの将来を託すわけにはいかないけど、こういう変化球はありかなと思わせる味でした。でもちょっと意外な味でした。私が思った方向性は、チョコを増強して、塩だれなんていうチョコとはあわなそうな部分を排除してくるかと思っていたのですが、まったく逆で、チョコの甘さを落としてくるとは。少なくとも今までの悪ふざけ的なw味ではなく、メーカーが甘じょっぱい味と真剣に向き合った様子がうかがえるのは良かったです。



ココアパウダーを練り込んだ、甘く香ばしい風味のしなやかなめんで」、「この商品のために開発した専用のめん」とのこと。ついにきましたよ、チョコソース味専用麺。日本そばと見紛う色をした麺で、ここまでやるかと、やる気にちょっと笑ってしまいました。ココアパウダーを練り込んでいるとのことですが、ソースと混ぜる前にちょっと食べてみたものの、正直味はよくわかりませんでした。そしてソースを混ぜちゃうから色も最終的によくわかんなくなるしw かなり無駄っぽいやる気なように見えますが、こういう見えないところも大事。裏地にこだわるのが粋ってもんでしょ。いや知らないですけどねw 麺の食感的には塩だれに使われる麺と同じ感じの油揚げ麺でした。



一見、生チョコのような見た目の "謎チョコキューブ" は、食べるとサクサクした食感」とのこと。原材料見ると、砂糖とデンプンと寒天を固めたものにココアパウダーをまぶしたものらしいです。生チョコにしてはちょっと弾力が強いかな。でもよくできている食感です。味は、こちらもソースと同様、チョコの味は感じられるものの甘さはあまりないです。今回は甘さを削ぎ落とすことに徹底して取り組んでいる商品ということが言えると思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
昨年のチョコソース焼そばやショートケーキ焼そばで感じたような、軽く殺意すらw覚えるマズさは今回の商品にはないと感じました。徹底的に甘さを削ぎ落とし、チョコの風味だけを残すことによって、うまく塩だれとあわせています。チョコを使ったからこそおいしくなった!みたいなことはまったくないので、チョコを使う意味は話題性を得ようとする以外にはないと思いますが、チョコの風味と塩だれの組み合わせを悪くないと感じさせてくれる商品ではありました。話題性だけではなく、甘じょっぱさをおいしさにつなげる努力をした印象でした。来週発売のペヤングチョコ焼そばは、原材料を見ると塩だれ的な要素はなくて完全に甘さに振ってくる商品と思われるので、今回の甘じょっぱいソースとペヤングの甘いソースを比べてどうなのか、来週がいっそう楽しみになりました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加