今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 辛肉担担麺」。「でかまる」シリーズの新作です。この年の瀬の各社新商品出さなかったり新年仕様の商品を出してきている中での通常営業的商品は、こういうブログやっている私からしたらちょっと嬉しいです。今回は辛肉担々麺、大盛商品と相性の良いフレーバーなので期待大です。



商品概要

品名:マルちゃん でかまる 辛肉担担麺
メーカー:東洋水産
発売日:2016年12月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・レトルト調理品)
定価:税込210円
取得価格:税込178円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食159g(めん90g)あたり
エネルギー:605kcal(めん・かやく409kcal スープ196kcal)
たん白質:15.7g
脂質:28.8g
炭水化物:70.7g
ナトリウム:3.5g(めん・かやく1.2g スープ2.3g)
ビタミンB1:1.66mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:289mg



スープ

チキンとポークをベースに、ねりごまの風味を利かせた担担スープ」で、「花椒と唐辛子でさわやかで刺激的な辛さを利かせ、旨味と辛味のある味わいに仕上げ」たとのこと。みそ味の強い担々麺スープです。練りゴマ、辛み、シビレの全てが入っていて、全部入りの様相。辛みはピリ辛以上だと思います。どれか突出した味があるわけではないのですが、どれも高レベルで安定しています。こってり感の強いところはでかまるらしいのですが、でかまるとは思えないもっと高価格帯商品のような、非常に厚みのある味に仕上がっています。これは結構気合い入れて作ってきた感じがします。

なめらかでコシのある、丸刃で切った太めの油揚げ麺」とのこと。でかまる特有のやわらかみのある油揚げ麺です。同じ東洋水産では、大盛商品の定番商品として「ごつ盛り」シリーズがありますが、それより高価格であるでかまるは麺で明確に差別化しています。明らかに違う食感なのでわかりやすいです。丸麺のため、食感が非常にやわらかく、ごつ盛りと比べると高級感すら感じます。ただ今回、スープが明らかに強いため、麺はやや押され気味でしたかね。私個人的には、麺が勝っているのはスープの味がわからなくなって困りますが、スープが勝っているのはむしろちょうど良いと思っているので、今回のバランスは悪くないと思います。

レトルト辛肉そぼろ調理品、味付挽肉、ねぎ、粗挽唐辛子」とのこと。今回の商品名になっている「辛肉」は、レトルトの肉そぼろです。でかまるでレトルトとは力入ってますね~。この肉の味付けが上で書いたスープの味を決定づけている部分があり、辛さはこれが担っています。混ぜると底にたまってしまうのですが難点ですが、それでも結構肉量が多く、それに加えて乾燥具でもひき肉が入っていて、この商品が肉を中心とした商品であることをきちんと認識することができます。なんかでかまるとしてはお得感たっぷりでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
メーカーの力の入り方をヒシヒシと感じる良品でした。厚みのあるスープに加え、きちんと商品名に見合う肉量で、お得感満載の一杯に仕上がっていました。やや塩分量が気になるレベルではありますが、スープを飲み干さなくても十分に満足できるので、そこは食べる側でバランス取れば良いと思います。その場合、底に肉がたまっているのは注意が必要です。大盛でこのクオリティは流石の一言です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加