今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 正麺カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨」。ファミリーマートとサークルKサンクスの統合記念商品と銘打たれたプレミアム商品です。同じく統合記念で発売された担々麺がかなり素晴らしいデキだったので、こちらにも大きな期待をかけてしまいます。担々麺は相当売上が良かったようです。果たして2匹目のドジョウがいるのか注目です。



商品概要

品名:マルちゃん 正麺カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨
メーカー:東洋水産(ファミリーマート・サークルKサンクス限定)
発売日:2016年12月13日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・焼のり)
定価:税込298円
取得価格:税込298円(サンクス)

栄養成分表

1食113g(めん65g)あたり
エネルギー:387kcal
たん白質:14.7g
脂質:10.7g
炭水化物:58.0g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.8g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:180mg



スープ

コクのある豚骨スープをベースに、キレのある醤油の旨みが絶妙に重なった濃厚醤油豚骨スープ」とのこと。濃いめのとんこつしょうゆ味のスープです。とんこつ臭はないですがベースのとんこつ味がちょっと強めで、しょうゆ味は普通です。ただ、「至高の一杯」と言うに足るかどうかは微妙なところで、他社のとんこつしょうゆスープと比べて別段濃厚とは思えないし、普通の正麺シリーズでこのスープが使われていてもそれほど高級感は感じないと思います。まずいわけではないのですが、同じ至高の一杯として出された担々麺と比べてしまうと、プレミアム感でだいぶ見劣りしていました。

生麺のようななめらかさと粘りのある食感が特長の“マルちゃん正麺カップ”の麺を使用」とのこと。正麺のいつもの多加水ノンフライ麺です。このブログでは何度もスープを選ぶ麺だと書いてきましたが、スープとの相性は悪くはないけど良くもないってところでしょうか。とんこつしょうゆと合わせるにはもっと加水は抑えられていたほうが良いと思いますが、それでもそれなり濃いめのスープなので合わないわけではないです。みそとか担々麺系のスープがこの麺にはベストかと思いますが、とんこつしょうゆは純粋なとんこつとか、あとはあっさり系スープに比べると相性良いと思います。

めんま、のり、ねぎに加え、焼豚2枚をトッピング」とのこと。チャーシュー2枚が売りのようですが、確かに2枚というのは高価格帯商品としてインパクトあります。ただ1枚1枚が薄いので、ライバルの日清ラ王のチャーシューに比べるとボリュームも肉感も大きく劣るのが残念なところ。2枚重ねて肉の量は同じくらいですかね。これ単体だともっとよく感じたと思うのですが、比較対象が存在しているのがちょっと不幸だったですかね。焼のりはとんこつしょうゆのスープと相性抜群で、これはとても良いです。焼のりはカップ麺でもいろんなスープで用いられますが、とんこつしょうゆが一番いいんですよね。具はスープに比べるとだいぶ高価格帯商品の体をなしていると感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
定価税込298円の商品としてはスープがちょっと物足りない印象。ノーマル正麺と同じ価格帯で出ていれば★5、250円位なら★4といったところでしょうか。具に多少のプレミアム感はありましたが、正直、ノーマル正麺との差別化は不十分かと思います。同じ「至高の一杯」で先に発売された担々麺がかなり優秀だったため、私の中でちょっとハードルが上がっちゃったかもしれません。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加