今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.極太 お好み焼味マシ×2マヨネーズ」。焼そばとは親和性が明らかに高い、お好み焼きをイメージした焼そばとなっています。マヨネーズを前面に出してきているあたり、明星一平ちゃんっぽい商品ですが、ショートケーキとかチョコソースみたいな冒険はしてきてないです。あと、カップヌードルライトプラスのパッケージもそうですが、最近の日清の商品パッケージデザインは、ちょっとセンスに磨きがかかってきてないですかね。今回のパッケージも3割増しくらいで買う人が増えるんじゃないかと思うくらい、忍者をあしらったオシャレなデザインになっています。



商品概要

品名:日清焼そばU.F.O.極太 お好み焼味マシ×2マヨネーズ
メーカー:日清食品
発売日:2016年12月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・ふりかけ・マシ×2マヨネーズ)
定価:税別205円
取得価格:税込192円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食181g(めん130g)あたり
エネルギー:819kcal
たん白質:11.3g
脂質:40.9g
糖質:101.3g
ナトリウム:2.8g
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB2:0.88mg
カルシウム:210mg



ソース

豚肉、キャベツを炒めた風味と香味野菜とラードのうまみを利かせた、甘口で濃厚な味わいの特製ソース」で、「卵黄をたっぷり使用した、うまみとコクのあるマヨネーズ」が別添とのこと。焼そばとしては甘いソースで、これは紛うことなきお好み焼きのソースです。甘くて押しの強めなソースですが、ガンガンくるわけじゃなくて、マヨネーズの主張の場を残した強さになっています。マヨネーズは同じUFOの明太子マヨ焼そばに比べて重量比で3.5倍の量ということですが、これは確かに他社の大盛りサイズと比べてもかなり多いマヨの量です。ソースに対しほどよい強さなのでバランスが良く、ソースとマヨどちらもしっかり活きるバランスは、さすが日清らしさが出ています。ホントこういうバランス外してこないですよね。

コシのある食感と抜群の食べ応えが特徴の極太ストレート麺」とのこと。ノーマルUFOに比べて横に太い油揚げ麺です。ソース&マシマシマヨでソースサイドの主張がかなり強いですが、さすが極太だけあって負けておらず、均衡を保っています。ただ思うんですが、ノーマルUFOの麺はストレート丸麺でそれなりの太さもあり、極太とは言っても横に広がったこちらの麺よりも食感としてはノーマルの方が麺らしくて上質感あるんですよね。製造工程的にも湯戻し時間的にもマルメンのまま太くするのは難しいところだとは思うのですが、日清ならそのうちなんとかしてくれんじゃないかとちょっと期待してしまいます。

大切りキャベツ」に、「かつお節粉とあおさのミックスふりかけ」が別添とのこと。アリバイ的にキャベツが入っていますが、主役はもちろんふりかけの方。焼そばに魚介のふりかけというのは富士宮やきそばで実証されているおいしさですが、今回の甘いソースにかつお節粉ということで、とてもお好み焼きらしさが出ていました。粉にしているのも味が全体に行き渡りやすくなるのでファインプレーでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
特に驚きもなく、きちんとお好み焼きらしさを発揮している商品でした。いつものUFOの酸味とスパイス感とはまったく違って、甘さとマヨとかつお節粉のハーモニーが心地良かったです。ただ一つ注意すべきは、大盛商品で液体ソースの量がかなり多いため、湯切りをしっかり行わないとソースの量と合わせてちょっと水っぽくなってしまいます。液体スープの時はこれでもかというくらい入念に湯切りをすることをオススメします。ペヤングとかと同じですね。逆に粉末ソースの時はちょっとお湯を残すくらいでちょうど良いんですけどね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加