今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば」。フライドチキンをイメージしたと思われる焼そばです。なんかパッケージのインパクトがすごいので、かなり期待感高まっています。でもここ数年私オサーンはどうも油ものが苦手になってきているので、そのあたりはちょっと不安です。



商品概要

品名:サッポロ一番 カリチキ 旨チキン味焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2016年12月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(特製粉末ソース・あとのせかやく・調味油)
定価:税別220円
取得価格:税込235円(ローソン)

栄養成分表

1食127g(めん100g)あたり
エネルギー:611kcal
たん白質:14.8g
脂質:29.2g
炭水化物:72.2g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:229mg



ソース

チキンをベースに7種のスパイスと4種のハーブを合わせた、スパイシーなソース」とのこと。揚げたような鶏の味と、スパイスとハーブの香りが強く漂う、フライドチキンをイメージしたソースです。コンビニのチキンというよりは、もっといいとこのフライドチキンのイメージだと思います。特にスパイスが強くて、途中から何の味だかわからなくなってきます。あまり奥行きのある味ではないので、食べ進めていくうちにちょっと飽きもきてしまいますかね。フライドチキンよりも、しょうゆを使える唐揚げの味の方がカップ焼そばには相性良さそうな気もします。

ほぐれやすくソースの絡みがよいちぢれ麺で」、「コシとしなやかさが特徴の麺に仕上げ」たとのこと。カップ焼そばとしては細めの縮れ油揚げ麺です。適度に油揚げ麺臭がするため、ジャンク感をいっそう増させる効果があるように思います。食感の面で無駄に主張してこないため、ソースや下記の具の邪魔をしていないのは良かったですかね。基本的にはあまり特徴のない麺です。

カリッカリッの食感が面白いあとのせふりかけは、麺とからんで食感のアクセントとなり、スパイシーなソースとの相性抜群」で、「キャベツの鮮やかな緑色と歯切れのよさがソースとよく合」うとのこと。今回の商品のいちばんの売りである「カリチキ」ですが成分的には「味付大豆たん白」なるもののようです。味付大豆たん白を揚げたものなんだと思います。鶏肉ではないです。フライドチキンっぽく味付けされた衣部分という感じでしょうか。天かすのフライドチキンバージョンですね。食感はまさに商品名通りカリカリしていて、これはかなり独特というか面白いです。結構きちんとフライドチキンっぽさが出ていますし、この食感は新鮮です。揚げ物好きな人にはちょっとたまらないかもしれないですね。私はちょっと、油っぽくて気持ち悪くなってしまいました。カリカリふりかけは全部入れちゃうと私には量が多かったみたいです。油が苦手な人はそもそも買わないかもしれませんが、ちょっと厳しいかもしれないですね。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
きちんとフライドチキンっぽさのある商品でした。カリチキのふりかけは私にはちょっと油っぽすぎて厳しかったですが、それでも揚げ物好きの人には良いんじゃないかと思います。食感が結構新鮮なので、オリジナリティ溢れる商品でした。以前、明星一平ちゃんからもフライドチキン味が出ていましたが、あれはフライドチキンだと言われてもそんな味はしないと感じたので、あれに比べるとこちらはずっと良いんじゃないでしょうか。「カリチキ」は今後もシリーズ化するようなことがどこかに書いてあったので、今後はふりかけをもうちょっと油っぽくしない方向でお願いしたいところです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加