今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルライトプラス ビーフと野菜のボルシチ」。糖質カット、ダイエットカップ麺の定番として確固たる地位を築いているカップヌードルライトプラスの新作はボルシチ!本場のボルシチはテーブルビートという赤い野菜を使ったスープだそうですが、日本ではトマトの煮込み的なものが多いですよね。今回の商品もトマトのようです。最近は糖質ダイエットをしている人が増え、カップヌードルライトプラスの価値が一層高まっているように思います。この商品糖質が約34gなので、厳密に糖質ダイエットをしていても体重によっては1日に1~2個くらいは食べられる、ホントすごい商品です。今回も高クオリティで驚かせてくれる商品なのか、とても楽しみです。



商品概要

品名:カップヌードルライトプラス ビーフと野菜のボルシチ
メーカー:日清食品
発売日:2016年12月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込135円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食58g(めん36g)あたり
エネルギー:198kcal(めん・かやく164kcal スープ34kcal)
たん白質:6.3g
脂質:3.5g
糖質:34.1g
食物繊維:8.8g
ナトリウム:1.5g(めん・かやく0.4g スープ1.1g)
ビタミンB1:0.51mg
ビタミンB2:0.14mg
カルシウム:90mg



スープ

ビーフやタマネギ、トマトを使い、じっくりと煮込んだような濃厚でコク深い味わいのスープ」とのこと。フロントにくるのはトマトの強い香りと野菜の甘さです。トマトやタマネギを煮込んだ感じがとてもよく出ています。これにじわじわと、そしてかなり太く、ビーフの風味と旨みがやってきます。たださすがカップヌードルプラスだけあって、牛肉の後味として感じられる脂の味はまったくなく、牛が強いのに後味はかなりさっぱりしています。「ビーフと野菜のボルシチ」というよりは、ビーフと野菜のトマトスープの方がしっくりきますね。トマト、野菜の甘み、牛の風味の三位一体がちょっとたまらないです。低カロリー低糖質、低塩分の商品とは思えない味の厚みがあり、これは傑作だなぁと心から思います。ほんとおいしい。カップヌードルライトプラスじゃなくても、普通にカロリーとかあってもこれはおいしい。

レタス約2個分相当の食物繊維を練り込み、すすらずに食べられるよう短めにカットした『カップヌードルライトプラス』専用の麺」とのこと。カップヌードルの麺の形状に近い、短めにカットされたノンフライ麺です。普通のカップヌードルに比べると麺はちょっと硬め、多少のほぐれにくさはあります。ただ、圧倒的なカロリーと糖質の少なさを前にするとそれくらいのネガは全部オミットできます。そして普通に食べようとすると量はやっぱりかなり少ないですかね。基本的にはスープにラッキーにも麺が付いていると思うくらいでちょうどいいのかも。たぶん、普通の商品に比べると押し出しの弱いスープだとは思うのですが、この麺の更なる主張の小ささによりそれを感じさせないのはさすがです。バランス完璧です。

タマネギ、ニンジン、インゲン、キャベツ、味付牛ミンチ」とのこと。カップヌードルライトプラスではおなじみのタマネギがこの商品でもいい味出しています。タマネギのちょっと強めの風味がスープの中でインパクトを発揮しています。そしてキャベツで野菜量の底上げをしていて、具だくさんになっています。キャベツの量が最も多いですが、野菜の主役は間違いなくタマネギですね。あとミンチ肉ですが、普通のカップヌードルでは基本豚ミンチなのに対し、こちらは牛ミンチ。そして噛み締めて食べると脂分はだいぶ少ないようです。旨み的にはイマイチですが、カップヌードルの象徴があるとないとではぜんぜん違うように思います。あとインゲン、入ってたかな?すごく細かい緑のものが入ってたのであれがインゲンだったのかな。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
糖質制限とかダイエットとかあまり考えてない私のような人間でも、麺量以外は普通に満足できる一杯でした。トマト、野菜の甘み、牛の風味という三位一体の厚いスープはかなり飲み応えあります。具の野菜も量が多く、ヘルシーなのに味が伴っています。カップヌードルプラスは相変わらずの高レベルぶりをきちんと示していました。今後も楽しみなシリーズですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加