今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ」。「ハリガネ」シリーズはずいぶん長く続いていますね。その間、味こそ色々変わるものの麺はほぼ一貫しており、なんかぶれない安定感みたいなものがあります。でもこの麺が決して本格感のある麺とか、実際のハリガネに近いというわけではないと私は思っています。実際このシリーズは支持されているからこそ続いているのでしょうが、食べている人の感想を覗いてみると、結構本格的な麺だといっている人がいるんですよね。私の意見とは間逆なので、人によって感じ方はそれぞれなんだなぁと改めて実感します。



商品概要

品名:マルちゃん ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ
メーカー:東洋水産
発売日:2016年11月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税込185円
取得価格:税込194円(ローソン)

栄養成分表

1食95g(めん70g)あたり
エネルギー:462kcal
たん白質:13.6g
脂質:25.0g
炭水化物:45.6g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.7g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:163mg



スープ

唐辛子の辛味と、マー油で香ばしいガーリックの風味を利かせた、濃厚な豚骨スープ」で、「ローストしたにんにくの風味を利かせた特製油付き」とのこと。とんこつ臭はまったくない、ガーリック主体のとんこつスープです。辛さはピリ辛程度で、ベースとなるとんこつの味はガーリックに隠れてあまり前に出てきません。ハリガネシリーズのとんこつスープはまったく本格感がないもののカップ麺らしい妙な香ばしさがあってクセになる味だったんですが、今回はローストガーリックにその部分が打ち消されている感じがしてちょっと残念でした。ガーリック味を楽しむためのスープってところですかね。

ハリガネをイメージさせる、硬く歯ごたえのある極細の丸麺」とのこと。油揚げ麺としてはかなり細い油揚げ麺です。「ハリガネ」をイメージさせるとというのはちょっと疑問で、ハリガネというよりはスナック感を感じる画一的に硬い麺です。そして縮れが強いため、博多麺っぽくもないです。どう見てもThe・カップ麺の麺という感じですが、本物のとんこつラーメンに寄せる気はまったくないと捉えるとこれはこれで良いのではないかと思います。このスナック感が結構クセになる部分ではあります。

味付鶏挽肉、ねぎ、ごま、粗挽き唐辛子」とのこと。いつものこのシリーズの商品と同様、ゴマの香ばしさがあり、いい役目を果たしています。でもいつもと比べるとガーリックが強いためゴマの効果は限定的でしょうか。挽肉もそれになりに入っていましたがそれほど目立っているわけではなく、他に特にこれといったものはなかったです。まぁまぁな具といったところでしょうかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ローストガーリックが幅を利かせている反面、いつものカップ麺らしいとんこつスープの香ばしさが消えてしまっていて残念でした。とんこつラーメンとしての本格感はないに等しいですが、ローストガーリックの風味と麺のスナック感の取り合わせが心地よく感じる一杯でもありました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加