どうもオサーンです。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「生麺食感の中華そば」。製造は東洋水産です。東洋水産で生麺食感だと思い浮かべるのは正麺カップですね。正麺のあの多加水麺で中華そばというのは相性的にどうなんだろうと思いますが、パッケージの佇まいがなんとも大物感漂っていて楽しみです。



商品概要

品名:生麺食感の中華そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産)
発売日:不明
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税込210円
取得価格:税込210円(セブンイレブン)

栄養成分表

1食102g(めん65g)あたり
エネルギー:318kcal
たん白質:11.0g
脂質:6.3g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく1.1g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:153mg



スープ

丸鶏エキスと豚骨をベースに、昆布と鰹の旨味を加えた醤油味、生姜と鶏油の香りが効いた昔ながらの中華そばの様な味わい」とのこと。鶏油を含む鶏の甘さと生姜の香りでちょっと華やかな味のしょうゆスープです。しょうゆの味も香りも結構強めです。昔ながらの中華そばのイメージは私の中だともっとかつおとか煮干しが強くて鶏と並び立っている印象なんですが、このスープは鶏としょうゆが支配しているように感じます。なので昔ながらの中華そばの味と言われるとちょっと首はかしげるもものの、それでもあっさりなんだけど華やかで、なかなかおいしいスープだと感じました。

より生麺に近い食感を実現する為に、特許取得のメーカー独自の製法で作られた商品」とのこと。加水の多い、中細よりはちょっと太いノンフライ麺です。まぁ想像できたんですが、同じ製造元の正麺カップの麺と同じですね。多加水麺としてはかなりのクオリティで、自然な生麺っぽさがよく出ている麺です。麺自体はとても優秀。でもスープとあっているかはまだ別の話で、今回のようなしょうゆ味のスープだと、私はどうしてももっと加水を抑えた麺の方があっているように感じられます。そして昔ながらの中華そばの麺って多加水麺のイメージじゃないですよね。そんなことないのかな。

焼き豚、メンマ、ねぎ」とのこと。チャーシューは東洋水産としては珍しいボリュームのある正統派乾燥チャーシューです。日清のあの肉感すさまじいチャーシューに比べると劣りますが、油分少なめのあっさり系チャーシュですね。このあっさりスープにはこっちの方があっているかもしれません。メンマは結構入っていますが、東洋水産のメンマは比較的あっさり系ですかね。味が薄い印象でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
あっさりだけど鶏の甘さと生姜で華やかに仕上がっているスープはおいしいし、麺も正麺カップの麺で素晴らしい多加水麺です。でもとりあわせとしてはこのスープにはもっと低加水の麺が良いと思うし、この多加水麺ならもうちょっとこってり系スープの方があっているように感じました。スープも麺も優秀なんですけどね。正麺醤油をさらにあっさりさせて鶏としょうゆの香りを強調したような味で、正麺カップのいちバリエーションと捉えると、正麺ファンには選ぶ価値のある商品かと思います。税込210円でこの味ならば満足できる水準なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加