今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン」。今年9月に発売された台湾ラーメンに続く、「ご当地マシマシ」シリーズの第2段商品です。今回は家系ラーメンで、スープが濃いことが特徴のようです。数ある家系ラーメンのカップ麺の中で独自性を発揮できているのか楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2016年11月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食99g(めん70g)あたり
エネルギー:460kcal
たん白質:9.8g
脂質:20.9g
炭水化物:58.1g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく0.9g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:249mg



スープ

豚骨のうまみに、鶏油のコクと香りを合わせた濃い味わいの豚骨しょうゆ味スープで」、「豚骨だしと醤油だれをマシマシにして濃いめのスープに仕上げ」たとのこと。鶏油の香りが強く漂うスープで、味が濃いのが特徴です。鶏油は別添小袋なんですが、これはスープに溶かし切っちゃうと効果が薄くなるので、表面に浮かせたまま食べ進めるほうが良いと思います。全体的に味が濃く、家系ラーメンの雰囲気がかなり出ています。誰が食べても家系ラーメンをイメージできる、なかなか優秀なスープなのではないでしょうか。

ボリューム感があり、しっかりとした食べごたえがある、濃厚なスープとの絡みもよい存在感のある太麺」とのこと。縮れのあるかなり太い油揚げ麺です。家系ラーメンをイメージしている麺で、見た目は縮れていることを除けば家系ラーメンに近いイメージです。ただ悲しいかな油揚げ麺なので、見た目ほどの重量感はなく軽い食感なので、食べると家系ラーメンの感じはなくなります。主張のかなり強い麺ですが、スープが濃いためバランスはとても良かったです。

ほうれん草の甘みとチャーシューのうまみがスープによく合い食欲をそそり、ねぎのさわやかな風味がスープの味を引き立て」るとのこと。家系ラーメンん特徴の一つであるほうれん草をきちんと押さえています。きちんとほうれん草の味がしていました。細切れのチャーシューはちょっと少ないですね。ネギは結構たくさん入っていて、これが逆にほうれん草の存在感を薄めていたので、もっとネギの分をほうれん草に振ってもらいたかったかな。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ひとくち目食べた時に感じる鶏油の強さは、今まで食べた家系ラーメンのカップ麺の中でも最強クラスで、よく家系を再現できているスープだと感じました。海苔以外は家系をきちんと再現しており、タテ型油揚げ麺の商品なのにレベルはかなり高いと思います。もっとほうれん草が際立つ構成ならなお良かったでしょうか。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加