どうもオサーンです。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「豆腐が入った豆乳担々麺」。製造はサンヨー食品です。「豆腐が入った豆乳担々麺」と「豆腐たくさんあんかけ風醤油拉麺」が同時発売され、豆乳に魅力を感じたので今回は豆乳担々麺を食べてみることにしました。ちょっとヘルシーな感じの商品なんでしょうかね。



商品概要

品名:豆腐が入った豆乳担々麺
メーカー:セブンプレミアム(サンヨー食品)
発売日:2016年11月8日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税込138円
取得価格:税込138円(セブンイレブン)

栄養成分表

1食77g(めん50g)あたり
エネルギー:357kcal
たん白質:8.7g
脂質:17.0g
炭水化物:42.3g
ナトリウム:1.5g(めん・かやく0.5g スープ1.0g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:259mg



スープ

豆乳をベースに、コクのあるねりごま、ポークエキス、唐辛子、花椒、ガーリック、ジンジャーなどの香辛料をバランス良く効かせた」とのこと。基本的には練りゴマが強めの担々麺のスープで、豆乳は味の中心というよりもスープにまろやかさを加える役目を担っています。もっと豆乳の味が前に出てきても良かったのになと思いましたが、よくよく考えると豆乳鍋とかこんな感じで豆乳が強く主張してくるわけじゃないですよね。担々麺としての味はそれほどインパクトはなく、辛みもあまりなく、全体的に優しい味ですかね。ナトリウムがが1.5gでかなり少なめの一杯なのに、その割にはかなり厚みのある味に仕上がっているところは価値が大きいんじゃないかと感じました。この厚みは練りゴマに加えて豆乳入っていることで生まれているものと思われます。

しなやかな中細麺」とのこと。白くてやわらかい食感の中細油揚げ麺です。本来はあまり主張のない麺かと思われますが、今回の豆乳のスープに関してはちょっと油揚げ麺の風味が気になりました。せっかくの豆乳、そしてナトリウム1.5gという商品なので、麺も油揚げ麺じゃなくノンフライ麺だったらさらに体に悪くなさそうな、健康志向っぽくいけたんじゃないかと思います。また、スープの味ももっと引き立ったんじゃないですかね。製造元のサンヨー食品にはタテ型のノンフライ麺の技術もあるはずなので、ちょっと惜しいと思いました。

チンゲン菜、豆腐、鶏・豚味付肉そぼろ」とのこと。いちばん目立っているのは当然、商品名にもなっている豆腐。これはなかなかおいしいです。しっかり豆腐の食感があり、大きさも結構あり食べ応えがあります。今まで私が見たカップ麺の中で一番大きい豆腐なんじゃないかと思います。そしてチンゲン菜。ほろ苦のチンゲン菜の味をきちんと再現できています。まろやかスープにチンゲン菜の味のアクセントは、なんか健康に良いものを食べている感じになります。とても良い具なんじゃないかと感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
味的には多少のインパクト不足は感じるものの、豆乳のまろやかさを加えた担々麺のスープは厚みがあり、塩分の少なさを感じさせないものがありました。また、具の豆腐とチンゲン菜も素晴らしく、かなり良いデキの商品だと思います。これで油揚げ麺じゃなくノンフライ麺だったならカロリー的にも魅力的になり、豆乳、豆腐、チンゲン菜と相まってヘルシーな色付けもできたのになと思うとちょっと惜しかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加