今回のカップ麺は、明星食品の「明星 バリカタデラックス 高菜とんこつ」。明星バリカタシリーズの新作、今回は「デラックス(DX)」が付与された豪華版です。麺がパワーアップして具の高菜にこだわりがあるとのこと。通常の明星バリカタが税別210円なので今回30円高いですが、DXがダテじゃないところを見せてもらいたいところです。



商品概要

品名:明星 バリカタデラックス 高菜とんこつ
メーカー:明星食品
発売日:2016年10月24日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・調理済みかやく)
定価:税別240円
取得価格:税込259円(セブンイレブン)

栄養成分表

1食112g(めん65g)あたり
エネルギー:397kcal(めん・かやく307kcal スープ90kcal)
たん白質:10.5g
脂質:13.3g
炭水化物:58.9g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.0g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:183mg



スープ

粉末と液体のWスープでとんこつの旨みに厚みを持たせて、マー油の風味でアクセントを付けた、コクのある濃厚なとんこつスープ」とのこと。確かに重厚感のあるスープで、それなりにマー油のガーリックは効いているのですが、とんこつ臭もなければ豚脂の風味もなく、ちょっと中途半端なこってりスープのように感じました。最近の明星食品は頑なにスープにとんこつ臭をつけてきませんね。こういうスープならもっとマー油を強くするとか、辛とんこつにしちゃうとかの方が一本筋が通って良いように思います。

ラーメン店さながらの粉っぽい麺質で、硬さと歯切れの良さを追求した『バリカタ』食感の細麺」とのこと。極細のストレートノンフライ麺です。こちらはスープとは打って変わって、相変わらずの最強麺。今回DXということで改良をしたらしいですが、改良の成果はちょっとよくわからなかったです。カップ麺とは思えない生っぽい粉っぽさと、それでいて芯の通った硬い食感は、もうラーメン店裸足です。この麺を前々回食べた田中商店のスープで合わせたらかなり良さそう。正直、今回のスープ(というか最近の明星のとんこつスープ)だと麺がもったいないです。

シャキシャキとした食感が心地良い生タイプの高菜をメインに、チャーシュー、ネギ、ゴマを組み合わせ」たとのこと。今回DXの麺と並んでもうひとつの売りである高菜はレトルトで、さすがに売りなだけあってシャキシャキしておいしいです。単体ではぼやっとしているスープも、この高菜の味の下支えする役割と考えると納得がいきます。あくまで味の主役は高菜、スープは脇役。他の具ですが、チャーシュは税別240円の商品と考えるとちょっと貧弱で、ネギはもっと欲しかったかな。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープに不満は残るものの、ラーメン店裸足の秀逸な極細麺とレトルト高菜がメインの一杯と考えると納得ができるデキには仕上がっていました。一時期の明星食品のとんこつ臭たっぷりな味はもう戻らないんですかね。あのスープが懐かしくなりますが、極細麺のデキは相変わらず他社をまったく寄せ付けないレベルにあるので、スープが戻るのを気長に待ちたいと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加