今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風」。前回前々回と食べてきた「和ラー」シリーズのうちのひとつで、こちらは海老汁や帆立貝焼き味噌に比べてちょっとメジャーな鶏の水炊きをアレンジした商品です。前2品おいしかったので今回も楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風
メーカー:サンヨー食品
発売日:2016年10月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)

栄養成分表

1食75g(めん58g)あたり
エネルギー:315kcal
たん白質:7.8g
脂質:10.2g
炭水化物:48.0g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.8g スープ1.2g)
カルシウム:249mg



スープ

福岡県の博多で親しまれている『鶏の水炊き』の味わいをラーメンスープにアレンジし」た、「鶏のうまみが凝縮したコクのある塩味スープ」で、「野菜のうまみと和風だしをほんのりきかせ」たとのこと。鶏の旨みと野菜の甘みがよく出ているスープで、これは結構水炊きっぽい味に仕上がっています。味はあっさりなんですが、鶏脂が重厚感を加えています。流行りの鶏白湯とはまた違う、でもきちんと鶏が前に出ているスープでした。

コシのある、なめらかで湯伸びの少ない麺」とのこと。他の和ラーと同じ中細の油揚げ麺です。今回も麺が重要な役割を果たしていて、ノンフライ麺と見紛う主張の小さい麺なのでスープの邪魔になっていません。あっさりめのスープを活かすいいバランスでした。あっさりスープにはこういう麺がいいというお手本のような麺です。同じ麺を3日連続レビューしてるのでこの辺でやめときます。

鶏つみれとシャキシャキしたキャベツに、さわやかな風味のねぎ、人参」とのこと。鶏つみれというか鶏そぼろって感じです。でも味は水炊きに入っていそうな鶏です。他の具はインパクト的には他の和ラー2種に比べるとちょっと見劣りしますかね。ただ彩りは鍋っぽいです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
薄味ながら鶏と野菜の厚みを感じる、きちんと水炊きっぽく仕上がった一杯でした。あっさりスープとノンフライ麺然とした麺との相性がよく、秀逸な商品だと感じました。他の和ラー2品に比べると味の押し出しや具は地味ですが、完成度はなかなかのものでした。
以上、「和ラー」3種を食べてきましたが、このシリーズは今後も続いて欲しいです。同じ価格帯のカップヌードル等とは違う、和縛りの商品ですが、麺が繊細なスープに耐えうる優れたものな上、和の料理もまだまだ引き出しがありそうでいろんな味を作れそうなのも良いです。今後が楽しみです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加