今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 能登 海老汁風」。3種類同時に発売された新たなシリーズ「和ラー」の商品です。石川県は甘エビの産地で有名ですが、その甘エビを味噌汁にしたのが海老汁とのこと。海老汁をラーメンにアレンジしたのが今回の商品になります。今回の和ラー3種出ていますが、これが一番おいしそうなので真っ先に飛びつきました。楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 和ラー 能登 海老汁風
メーカー:サンヨー食品
発売日:2016年10月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食75g(めん58g)あたり
エネルギー:307kcal
たん白質:7.4g
脂質:8.8g
炭水化物:49.5g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.7g スープ1.3g)
カルシウム:275mg



スープ

甘えびエキスやエビパウダーをベースに米味噌や豆味噌を合わせた風味豊かなスープ」とのこと。薄めのみその味にエビの風味が特徴のスープです。強く出てくる味ではなく、和らしいヘルシーな味に仕上がっています。エビの味って食べ進めて慣れてくるとよくわかんなくなってくるものなのですが、今回のスープは最後までエビの味を感じることができました。中心となるエビの風味の中にみそのほのかな甘みがあり、これはよくできたスープです。まさにエビの味噌汁なので、ご飯が欲しくなる味であり後を引き、薄味なのにクセになる味でこれは気に入りました。

コシがあり、なめらかで湯伸びの少ない麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。油揚げ麺なんですが、油揚げ麺の強い風味は感じられず、食感もやわらかく上品で、これ言われないとノンフライ麺だと思ってしまう麺です。ちょっと小麦感もあり、でも油揚げ麺的な主張がないため、薄味のスープのあじがよくわかる結果になっているんじゃないかと思います。この麺があるからこそスープが活きる、この麺なくしてスープのおいしさは成立しない、いやースープと麺の見事なマッチングでした。

海老風味団子とシャキシャキしたキャベツ、なめらかな豆腐に、ねぎ、花形かまぼこ」とのこと。具は結構豊富です。エビ風味団子はちょっとぷりぷりした食感で、スープとはまた違う甘さがあってとても存在感ありました。あとは味噌汁らしさを出すための豆腐。これもきちんと豆腐の食感があって良かったです。ちょっと残念なのがキャベツで、キャベツはあんまり味噌汁っぽくなかったかな。たぶんキャベツってネギと並んでカップ麺でよく入っている具ですが、キャベツはコスト的に入れやすいんでしょうかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
持続するエビの風味とほのかに甘いみその味、そして薄味なのに味をきちんと成立させる麺の上品さが、とてもよくできた一杯に仕上げていました。具の豊富さも相まって、ちょっとこれは名作の部類に入るんじゃないかと思います。正直、回転寿司屋でたまに食べるエビの味噌汁より上品でおいしかったです。こんなにデキが良いなら、同時発売の和ラーの他2品も食べたくなってしまいました。これはぜひ定番商品化してもらいたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加