今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 香熟コク味噌」。ラ王シリーズがリニューアルされたので新旧商品を食べ比べてみることにしました。今回、定価が198円から220円に値上げされましたが、その価値が果たしてあるのか検証したいと思います。


左が新商品、右が旧商品 袋の構成は一袋のみの変更で他3袋は変化なし


左が新商品、右が旧商品 チャーシューが肉ミンチとキャベツになった以外は見た目に変化なし

商品概要

品名:日清ラ王 香熟コク味噌
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別220円
取得価格:税込178円(イオン)

栄養成分表

1食122g(めん75g)あたり
エネルギー:446kcal(めん・かやく358kcal スープ88kcal)
たん白質:12.1g
脂質:13.1g
炭水化物:70.1g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく1.0g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:176mg


新商品 大判チャーシューに替わり肉ミンチとキャベツが入っています



旧商品 大判チャーシューのインパクトがあります


スープ

たっぷりの豚骨エキスと香り豊かなゴマが特徴の濃厚味噌スープ」で、「ジンジャーとガーリックの香りが食欲をそそり、野菜から出る甘みや赤唐辛子とラー油の辛みが味噌を引き立て」るとのこと。しっかりとしたとんこつベースに裏打ちされた、太めのみそが特徴のスープです。野菜の甘みとゴマの風味、ピリ辛のラー油の味までしており、重層で複雑な味に仕上がっています。
ただ、リニューアル前の旧商品と比べるとスープに特段変化は感じませんでした。後で述べる具の影響で、キャベツの甘さと細かくなった肉の旨みが出ているため、その部分ではスープの深みが増している印象はありました。食べ比べないとわからない誤差みたいな差だとは思いますが。

16番の切刃で切り出した、"小麦香るつるぷりもっちり" な3層太ストレートノンフライ麺」とのこと。中太のノンフライ麺です。マルちゃん正麺カップの麺に比べると加水がそれほど多くなく、つるみが少ないです。つるみのある麺に比べると麺らしい小麦感のようなものを感じることができます。ほぐれもよく、とても優秀な麺だと思います。そして太さや麺の存在感が、みそ味のスープと相性バツグンです。この麺は他のラ王にも使われているものですが、おそらくみそがい最も相性が良い麺なんじゃないかと思われます。
リニューアル前と比べると、こちらもスープと同様、変化したようには感じませんでした。

コーン、青ネギ、白ネギ、肉ミンチ、キャベツ」とのこと。リニューアル前の具では大判チャーシューが入っていましたが、今回はそれに替わって肉ミンチとキャベツが入っています。上に書いたスープのところで、肉ミンチとキャベツがスープに溶け込むことでスープの味に幅が出るという効果がありましたが、反面、おいしいチャーシューがなくなるというのは明らかなインパクトダウンですかね。肉ミンチはカップヌードルとかに入っているのと比べると明らかに肉感豊かでコストかかっている感じはするんですが、あの大判チャーシューと比べちゃうと厳しいですね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ラ王みその新商品を旧商品と比較してきましたが、定価が22円増しに対し、実際の変化は具の一部が大判チャーシューから肉ミンチとキャベツになったことのみでした。この具の変化によってスープの味に幅が出だというメリットはありましたが、具のスケールダウンは否めず、それでいて値上げされてしまっているというのはちょっと残念でした。もともとが安すぎたというのもありますが、今回はあまり良いリニューアルではないように感じました。商品自体はおいしかったのでこの評価ですが、リニューアルとしてはちょっと残念でした。リニューアル効果を量るにはみそ味の比較だけでは不十分なので、あともう1フレーバーくらいは食べ比べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加