今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺ニッポン 博多とんこつラーメン」。矢継ぎ早に新商品を出しまくっている「日清麺ニッポン」シリーズの新作です。前々回の喜多方、前回の札幌に続き今回は博多とんこつで、ご当地ラーメンの真打ちが続いて登場してきています。とんこつ好きの私オサーンとしてはこれは期待せずにはいられません。鼻息荒く食べてみたいと思います。



商品概要

品名:日清麺ニッポン 博多とんこつラーメン
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・焼豚)
定価:税別220円
取得価格:税込238円(ローソン)

栄養成分表

1食99g(めん65g)あたり
エネルギー:357kcal(めん・かやく272kcal スープ85kcal)
たん白質:11.6g
脂質:11.0g
炭水化物:52.9g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.7g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:164mg



スープ

白濁した濃厚でコク深いとんこつスープ」とのこと。こってり感はあまりないんですが、ちょっととんこつ臭を強めに感じるスープで、しっかりとしたとんこつの力強さがあります。カップ麺のとんこつスープによくある、とんこつの弱さをガーリックや油で補うような形ではなく、ガーリックや油に頼らずにとんこつの太さを表現できています。さすがにとんこつ臭満載だった以前の明星食品のとんこつスープとは比べるべくもないですが、なんだかカップ麺では久々の本格とんこつスープでした。正統派なので味に華やかさはないですが、私これ気に入りました。おいしい。

しなやかな細ストレート麺」とのこと。極細のストレートノンフライ麺です。硬い食感が時間が経っても比較的しっかり残っており、レベルの高い麺だと思います。ただ私がカップ麺でいちばんの博多麺と思っている明星食品のスーパーノンフライ麺と比べると、ちょっと粉っぽさの点で劣るのかなと感じます。明星の麺は生麺と言われてもたぶん違和感感じないレベルなので、それと比べるとさすがに厳しいんですが、でも今回の麺もとても良い麺です。

チャーシュー、キクラゲ、ネギ、九州産高菜」とのこと。具は「麺ニッポン」シリーズの他の商品と同様、ちょっと貧弱。チャーシューはそれなりに肉感はあるんですがちょっと小さめ。博多ラーメンならネギがもっとたくさん入っていて欲しかったなと感じました。高菜は見た目の存在感はそんななかったんですが、味的にはスープを塩分の面で押し上げる効果を発揮しており、ちょっとスープにパンチが加わる感じです。これはよく練られていると感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
地味においしい、王道なとんこつラーメンでした。とんこつ臭がそれなりにあって、ガーリックや油に頼らないとんこつの太さを感じるスープで、タイプとしては明星よりもヤマダイ凄麺のとんこつラーメンに近いのかなと思います。麺も明星よりヤマダイに近いですね。そして具の高菜がなかなかいい仕事をしていたのも印象的でした。これは実力派商品ですよ。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加