どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清のごんぶと きつねうどん」。ちょっと時間が経ってしまいましたが8月22日にリニューアル発売された商品です。今回のリニューアルでは税別198円から220円に値上がりになっていますが、「仕上げだし粉」によってだしが強化されているとのこと。舌がバカの私オサーンにとっては、うどんのつゆって味にインパクトがなくてちょっと苦手なので、この強化は大歓迎です。



商品概要

品名:日清のごんぶと きつねうどん
メーカー:日清食品
発売日:2016年8月22日(月)
麺種別:生タイプ麺
かやく・スープ:4袋(液体つゆ・粉末スープ・仕上げだし粉・味付油揚げ)
定価:税別220円
取得価格:税込203円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食227g(めん180g)あたり
エネルギー:381kcal
たん白質:10.7g
脂質:6.4g
炭水化物:70.3g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.7g スープ1.9g)



つゆ

カツオと昆布の合わせだしに、煮干しのうまみを利かせたうどんつゆ」で、「あごだし入りの別添『仕上げだし粉』を振りかけることで、さらに深みのある味わい」になるとのこと。魚介だしでパンチを、昆布だしでまろやかさ出していて、結構強い味のつゆです。リニューアル前よりだいぶ味が強くなっていて、私のような昆布主体の関西系のだしが得意ではない人にとっても食べやすい味に仕上がっています。昆布のだしがほのかに甘みを醸し出していて、いやーうまいですねこれ。お店でうどんを食べても正直私はあんまりおいしいと思ったことないんですが、これはわかりやすいだしの強さでおいしいかったです。

コシとつるみを兼ね備えた、のどごしのよい生タイプうどん」で、「麺をレンジ調理することで芯まで熱々になり、さらにもっちりとした食感を味わえ」るとのこと。今回もレンジは使用せず、お湯で調理しました。生タイプの極太うどんです。今回はつゆのだしがかなり強いので、これだけ極太の麺でもバランスが良いです。食べ応えのある麺に強いだしで、かなりいい感じです。

甘味のあるジューシィなおあげ、ワケギ、ワカメ」とのこと。油揚げがレトルト品です。どん兵衛の乾燥タイプのおあげに比べるとかなり甘い味付けで、ふわふわ感では劣るものの、とても食べ応えがあります。一点豪華主義でいいですね。個人的にはいろんな具にコストを掛けてそれぞれが貧弱になるくらいなら、今回のように1点だけでも強力に作ってくるのが好きです。まぁ今回はきつねうどんなので、おあげを貧弱にするわけにはいかないでしょうけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
なんだか日清さん、私のためにリニューアルしてくれた?と感じてしまうほどおいしく食べられました。「仕上げだし粉」の効果は絶大で、私にとってとても食べやすい味に仕上がっていました。油揚げが甘いのもいいですね。これだけつゆとおあげが強いと、ごんぶとの極太麺でもまったく問題なく調和してくれます。今まであんまり生タイプ麺の商品を良いと思ったことはなかったんですが、今回のごんぶとシリーズのリニューアルは大当たりだと思います。とてもおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加