どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清カレーメシ シーフード」。前回記事の「日清カレーメシ ビーフ」と同時発売で、調理方法がレンジから湯戻しになったことと、容器が角型から丸型になったのが大きなリニューアルポイントです。前回書いたように、今回のリニューアルは私オサーンの中では概ね印象が良く、調理法の変更によって多少ご飯のデキが落ちたようには思いますが、手軽さに満足できました。今回のシーフードは果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清カレーメシ シーフード
メーカー:日清食品
発売日:2016年8月29日(月)
麺種別:ライス
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込189円(西友)

栄養成分表

1食104gあたり
エネルギー:448kcal
たん白質:7.3g
脂質:14.5g
炭水化物:72.1g
ナトリウム:1.2g



湯戻し直後の状態。ルゥの塊が沈んでしまっています。泡がちょっと気になるw



混ぜるとこんな感じにきちんとカレーメシです。

ルゥ

白身魚のうまみや魚醤の風味が特徴のカレールゥ」で、「ローレル、タイムなどの海鮮料理と相性のよいスパイスを使用し、ほのかな苦みと魚介の豊かな風味が感じられるカレーに仕上げ」たとのこと。日清らしい重厚なスパイスと海鮮風味が特徴のルゥです。こりゃー文句なくうまいです。スパイス感と海鮮味がきちんと調和できていて、まさにシーフードカレー。以前のカレーメシの味を踏襲していて安定感なる味でした。ただ辛さはまったくないので、そこは以前に比べると物足りないですかね。

ライス

湯かけ調理でも湯戻りのよいごはん」とのこと。前回のビーフカレーの時に書いたので書くことないですがw、規定調理時間の5分では足りず、7~8分位からよく水分を吸っておいしくなるご飯だと思います。ごはんのふっくらした感じはなく、ちょっと歯切れが悪いですが、湯戻しだけで食べられるご飯と考えると、悪くないんじゃないかと感じます。カレーメシが大好きでいつも食べたいと思っているので、私にとっては手軽に調理できるのは大きなポイントになります。レンジ調理の方がおいしいご飯だと感じますが、手軽さとトレードオフかちょっとプラスになっている印象です。

イカ、カニ風味かまぼこ、ニンジン」とのこと。具はビーフ味の時と同様、ちょっと少ないです。イカは大きかったので存在感 ありましたが、かまぼこは空気だったかな。あとは、ポテトがおいしいので、シーフードにも入れて欲しいなぁと。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
ルゥが前回食べたビーフよりもおいしかったです。スパイスと海鮮風味が絶妙にマッチしていました。これからお湯を入れられるだけで食べられると思うと、もうこれは週1くらいでは食べたいです。辛くないのが残念でしたが、今後はあんまり幅を広げずに多くの人が食べられる甘口でやっていくんでしょうかね。1つくらい辛いフレーバーも出して欲しいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加