どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清のごんぶと 特濃カレーうどん」。今回の「日清のごんぶと」シリーズのリニューアルでは、価格が大幅に値上げされてしまいました。シリーズ4品の値段は税別198円だったのですが、きつねうどんと天ぷらうどんは220円に、そしてカレーうどんと肉うどんはそれぞれ「特濃」と「贅沢」という新たな冠名とともになんと270円に!もともとの価格が生タイプ麺としては安かったので、220円だとだいたいこんなもんかなとは思えるのですが、さすがに270円は凄まじい。自信の現れと取るかぼったくりと取るか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要

品名:日清のごんぶと 特濃カレーうどん
メーカー:日清食品
発売日:2016年8月22日(月)
麺種別:生タイプ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別270円
取得価格:税込268円(ローソン)

栄養成分表

1食232g(めん180g)あたり
エネルギー:495kcal
たん白質:8.4g
脂質:13.7g
炭水化物:84.6g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.6g スープ1.6g)



つゆ

クリーミーで濃厚なカレーつゆ」で、「25種のスパイスが味に深みを与え」ているとのこと。乳由来の甘さを強く感じるつゆです。甘さが前に出てくるので日清の他のカレー商品に比べてスパイスがそれほど目立ってはいないですが、それでも奥からじわじわくるスパイスの重厚感があります。スパイス感は強いですが辛さはあまりないです。いやーこれはかなり本格的なつゆですよ!ちょっと唸ってしまいました。リニューアル前のつゆとはもう完全に違うものですねこれは。お店が裸足で逃げていくレベルなんじゃないかと思います。これはぜひ食べて経験して欲しいつゆです。

コシとつるみを兼ね備えた、のどごしのよい生タイプうどん」で、「麺をレンジ調理することで芯まで熱々になり、さらにもっちりとした食感を味わえ」るとのこと。今回はレンジ調理可能の商品ですが、いつもどおりお湯で調理しました。生タイプの極太うどんです。本格的な讃岐うどんのような弾力はないですが、太いので歯応えは強く感じます。ラーメンの感覚で言うとつゆに比して麺が強すぎるんですが、うどんってこんなじですよね?どちらかと言うとうどんの麺自体を楽しむというか。そう考えると悪くないんじゃないかと思います。昨日食べたSpa王の生タイプパスタに比べると、今回のうどんの方が生タイプに向いているんじゃないかと感じます。以前の麺と変わらないですが、この太さはインパクト大きいです。とても食べ応えがありました。

うまみと彩りを加えるきざみあげ、揚げ玉、ニンジン、ネギ」とのこと。刻み揚げはつゆとの相性がとても良く、たまに口に入る揚げ玉は甘いつゆの中でいいアクセントになっていました。ただ、量は価格を考えるともうちょっと欲しいかなとは思います。極太の麺があまりにもインパクトが強すぎて、この量だとちょっと物足りなさを感じてしまいます。価格がもうちょっと抑えられていれば感じない不満かもしれません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
今回の大幅な値上げはかなり懐疑的に見ていたんですが、ちょっとごんぶと舐めていました。つゆの完成度の高さがハンパなかったです。リニューアル前のつゆとはまったくの別物です。。私はそんなにうどんが好きなわけではないので、お店のカレーうどんって数えるほどしか食べたことがないんですが、それらと比べてもちょっと今回のつゆは素晴らしいんじゃないかと思います。甘いので、カレー系のつゆならつい期待してしまうご飯と食べて2度おいしいって感じの味ではなかったですが、ご飯好きの私でもこれはかなり満足です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加