どうもオサーンです。今回のカップ麺は、無印良品の「カップラーメン グリーンカレー味」。この前紹介したバターチキンカレー味と同時発売の、無印良品初のカップ麺です。元になった無印のレトルトカレーでは、私はバターチキンよりグリーンカレーの方が好きでしたが、カップ麺では果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:カップラーメン グリーンカレー味
メーカー:無印良品
発売日:2016年7月27日(水)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(グリーンカレーオイル)
定価:税込200円
取得価格:税込200円(無印良品)


栄養成分表

1食75g(めん50g)あたり
エネルギー:368kcal
たん白質:7.7g
脂質:19.3g
炭水化物:40.9g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.8g スープ1.2g)



スープ

化学調味料不使用」で、「辛さとコクのバランスの良い味わいに、レモングラスの爽やかな風味を生かして仕あげ」たとのこと。化学調味料不使用の影響がこの前食べたバターチキンカレー味よりも強く、いつもカップ麺食べてバカ舌になっている私は、食べ始めは奥行きのない味と感じました。だんだん舌が慣れてくるときちんと味を感じられるようになり、かえって不自然さがなくていいかなーと思ったりもしましたが、ただ本家のレトルトカレーと比べると辛さもスパイス感も弱いですね。それなりに辛いのですが、カップ麺界最強クラスに辛いわけではなく、スパイス感もちょっと表面的です。ココナッツミルクの変な甘さが強くないのはいいんですが、ミルクのコク自体はもっと欲しかった。決してまずいわけではなくそれなりにおいしいのですが、カルディとかジュピターに行けばもっとおいしいグリーンカレーラーメンに出会えると思います。

中細のコシの強めの油揚げ麺です。麺量はバターチキンと同じ50gで、まったく同じ麺だと思います。結構主張の強い麺ですが、スープも強いので相性は良いと思います。外国製品のグリーンカレヌードルだと、麺が結構フニャフニャなのが多くて、それはそれでおいしいんですが、今回のようなしっかりした麺も悪くないです。

鶏肉、タケノコ、マッシュルーム、パクチー。バターチキン以上に具は貧弱でした。鶏肉とマッシュルームは細かくて存在感がなく、タケノコは食感的に存在感ありましたが、それでもやっぱりもっと大きい方が良かったんじゃないかと感じました。パクチーはスープの中でたまにふわっと香りこ、これはなかなか良かったです。いい仕事していました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
味的にはバターチキンに比べるとレトルトに近かったですが、厚みはだいぶ欠けているように感じました。バターチキン以上にまだまだ改良の余地はたくさんあるんじゃないかと思います。今後も、まだまだ種類のたくさんある無印良品のレトルトカレーをカップ麺化していってもらいたいですね。ただ、無印良品最高!とか、どうしてもカレーをカップ麺で食べたい!とか、化学調味料不使用に価値を見出だせるのでなければ、コンビニとかスーパーのPB商品の方がコスパに優れるのは確かです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加