どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.極太 RED & YELLOW」。UFO極太シリーズの第2弾商品となります。第1弾は「豚ガリペッパー」という商品で、焼そばというよりはまぜそばな感じでした。今回も見たところまぜそばのようですね。第1弾商品は良くも悪くも平凡な商品でしたが、今回は太麺を使ってどう仕上げてくるのでしょうか。Redは「辛旨にんにくだれ」、Yellowは「まろやか卵黄ソース」とのこと。卵黄ソースといえばエースコックが「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」とか「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」で既に先行していますね。今回卵黄ソースをどう使ってくるのかも注目したいと思います。



商品概要

品名:日清焼そばU.F.O.極太 RED & YELLOW
メーカー:日清食品
発売日:2016年7月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(REDソース辛旨にんにくだれ・YELLOWソースまろやか卵黄ソース・ピリ辛魚粉)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(セブンイレブン)


栄養成分表

1食176g(めん130g)あたり
エネルギー:890kcal
たん白質:14.3g
脂質:53.3g
炭水化物:88.3g
ナトリウム:2.7g
ビタミンB1:0.67mg
ビタミンB2:0.80mg
カルシウム:250mg



ソース

(REDソース) 唐辛子とにんにくを利かせたしょうゆベースのたれ」と「(YELLOWソース) まろやかな卵黄ソース」に、「4種の魚粉 (さば節、いわし煮干し、宗田かつお節、むろあじ節) に唐辛子を混ぜ込んだ "ピリ辛魚粉"」が別添とのこと。ニンニクの効いたしょうゆダレに魚粉の風味が特徴です。魚粉が香るなんて、イメージとしてUFOじゃあまり考えられない味ですよね。焼そばではなく、見事なまでにまぜそばです。ニンニクは効きすぎず、魚粉も主張しすぎず、どちらもうまく程々にバランスを取っており、その間を卵黄ソースが取り持っている感じ。卵黄ソースはそれだけ舐めると卵黄の味がしっかりしていますが、ソース全体の中では主張はほとんどなく、まろやかさを出しているに留まっています。脇役ですね。以前も何度か書いていますが、日清の汁なし商品って、良く言うとバランス感覚がすごく良く、ちょっと悪く言うとおつりがないというか。ガンガン主張してくる味じゃないんですよね。そのあたりが多少物足りなく感じる部分があるかもしれませんが、でも味の調和は完璧だと思います。うん。これは文句なくうまいです。辛さはピリ辛程度、苦手な方もあまり気にしなくて良いと思います。

コシのある食感と食べ応え抜群の極太ストレート麺」とのこと。「極太」と銘打っているので当然ですが、他のUFOシリーズと比べると明らかに太い油揚げ麺です。2回りくらい太いですかね。なので、UFOの麺のような上品さはなく、ちょっと荒々しいです。油揚げ麺臭はそれほど強くない麺だと思いますが、それでも麺自体の主張は強く、ソースといい勝負、拮抗しているように感じました。私オサーン的には、ソースにしろスープにしろ麺にちょっと勝っているくらいがちょうど良いと思っているので、今回はバランスが悪いと感じないギリギリの線くらいかなと感じました。

ジュ-シィなポークミンチ、大切りキャベツ」とのこと。具は他のUFOシリーズのご多分に漏れず、かなり貧弱です。ミンチ肉もキャベツも麺量に比してかなり少ないです。存在感も殆どなかったです。ただ今回の場合は魚粉が具のようなものなので、そこまで具の不足感はなかったですかね。肉なくして魚粉増やした方がジャンク感が出て良かったかも。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
ジャンキーなこってり系商品なのに圧倒的なソースの力で押し切ってこないところに日清らしさがあり物足りなさも感じますが、でもニンニクと魚介の絶妙なバランス、そしてソースと麺のギリギリのバランスが素晴らしい商品でした。脇役に徹した卵黄ソースの使い方もとてもうまいと思いました。もっとジャンク感が欲しいところではありますが、なんだか一種の芸術作品のような出来映えでした。
ちょっと今回、抽象的な表現が多くてうまく伝わったか自信ありませんw 要するに、「ジャンキーなコンセプトの商品なんだからもっとジャンキーにしろや!まっったく。すごくうまいけどさっ!!」ってことです。すごくおいしいから★は落とせないけど、でもなんか物足りないから★7にはできない感じ。伝わるでしょうか。文句言ってる割に評価を落とせないモヤモヤです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加