どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」。初めて発売された時はおいしくて話題になり、品薄状態で大変でしたよね。今回のリニューアルポイントは、パクチーの加工工程を見なおすことによって生パクチーのような彩りと香りを出したところのようで、これは楽しみですね。リニューアル前の商品がまだ捌けていないお店があるのでリニューアル後の商品が売り場にないお店もあるかと思いますが、リニューアル品の見分けのポイントは、右肩のパクチーのマークです。上の写真ではパッケージの上の方に写っている緑のマークです。このブログでは2回目の登場で、前回はハンサム氏が食べていました。当時の評価は★6、私も個人的に食べて★7と評価しました。今回は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:カップヌードル トムヤムクンヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2016年7月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(トムヤムペースト)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)


栄養成分表

1食75g(めん60g)あたり
エネルギー:346kcal
たん白質:8.1g
脂質:14.7g
炭水化物:45.5g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.8g スープ1.1g)
ビタミンB1:1.09mg
ビタミンB2:0.18mg
カルシウム:95mg



スープ

魚介をベースにココナッツミルクを利かせた、濃厚な味わいのクリーミーなトムヤムクンスープ」、「レモングラスとライムリーフの香りがフレッシュなトムヤムペースト」が別添とのこと。味はリニューアル前とまったく同じですね。強い酸味が特徴的で、後ろから程よく感じられるココナツミルクが心地良いです。辛みは中辛~辛口の間くらいですかね。タイのトムヤム製品のように細かいスパイス感はないですが、強い酸味によってわかりやすいトムヤムクンらしさを演出しているように思います。相変わらずおいしい。そして確かに爽やか。少なくとも週1くらいでは常に食べていたい味です。

コシとつるみのある、カップヌードルのオリジナル麺」とのこと。これもリニューアル前と同じですね。カップヌードルのノーマル麺より厚みがない油揚げ麺です。強いスープに対し麺をペラペラにする意図がよくわからないのですが、でもすごくスープとマッチしています。ただ一つ言いたいのは、ノーマルカップヌードルの麺も、いざ食べてみると思いのほかペラペラなんですよ。PB商品とかで売られている類似品と比べて、オリジナルの麺は明らかに厚みのない麺です。そう考えると、今回の麺とノーマルの麺は実は誤差の範囲くらいの差しかないようにも感じます。

エビ、マッシュルーム、赤唐辛子、パクチー」とのこと。こちらもリニューアル前と一緒です。リニューアルポイントであるパクチーですが、正直、それほど変わったかなという気はします。確かに緑が多少濃くなった気がするし、ふわっと鼻に抜ける香りが漂うのが多くなった気はしますが、うーん誤差の範囲かなぁ。バカ舌の私オサーンには正直、あまり変化があるようには思えませんでした。変化はないですが、エビとマッシュルームが結構たくさん入っていて、具の多さはカップヌードルらしさが出ています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
なんだかリニューアル前との変化がよくわからない今回でしたが、それ故に評価は落とせない、とてもおいしい一杯でした。強力な酸味で本格感を出しながら、タイの製品によくあるあまり食べ慣れないスパイス感や極度の辛みを排除。ココナッツミルクのまろやかさを前に出した、それでいて甘すぎないスープは絶品です。トムヤムクンがリニューアル前とあまり変わってなかったってことは、明日食べる予定のシンガポール風ラクサも変わってないってことですかね?そうなると2日連続で★7ってことになるんですが・・・。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加