どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばカップ」。袋麺焼そばのパイオニア「日清焼そば」のカップ麺バージョンです。以前も何度か日清焼そばのカップ麺バージョンは出ていましたが、今回は今までで1番ノーマルなタイプかもしれません。大盛でもなく、マヨネーズが入っているわけでもありません。そして新しく、日清焼そばのキャラクターができたみたいです。パッケージにも写っている「チリチリ」。ロボットとコンロをモチーフにしたキャラクターだそうです。日清焼そばの作り方にのっている「チリチリと焦げるような音がしてきたら」が名前の由来だとか。なんか古臭くてかわいいキャラクターですね。





ソースは、「袋麺『日清焼そば』の旨さと香りを再現した特製ソース」とのこと。強烈なスパイスが特徴のソースです。これは袋麺の「日清焼そば」そのものです。このスパイスのインパクトこそ日清焼そばの特徴と思う人は多いのではないでしょうか。酸味や甘みはほとんどなく、かなり硬派な味に仕上がっています。これも袋麺を忠実に再現していますね。ってか、同じ粉末ソースなんでしょうね。このインパクトはカップ焼そばではありそうでないんですよね。UFOのスパイス感はこれに少し近いんですが、UFOは強い酸味と甘みがありますからね。この味は好きな人が多いんじゃないかと思います。私は好きですねぇ。

は、「『日清焼そば』ならではの粘りとコシのある麺」とのこと。細めの油揚げ麺です。麺が細いのでコシはそれほど感じません。袋麺の方もフニャフニャした感じに仕上がる(私が作るの下手なだけかもしれませんがw)ので、近いんじゃないかと思います。私の作る袋麺はもっとフニャフニャですけどね。しっとりしなやかな麺で、コシを求めるとちょっと物足りないですが、袋麺の雰囲気が出ていて良いと思います。

は、「キャベツ、えび、いか」、別添の「アオサと紅しょうがが入ったふりかけ」とのこと。アオサのふりかけ以外は量が少ない上に粒も小さく、それほど存在感はありません。ただ、エビとイカの香りがカップの中で強く漂い、海鮮風の焼そばに仕上がっています。袋麺ではこのエビとイカ、キャベツが作る時に入れる具として推奨されているそうで、今回カップ麺ではそれを再現する形となっています。私は焼そばの具は断然!豚バラ派ですが、今回の海鮮もこれはこれで良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今までも何度か「日清焼そば」はカップ麺で再現されていましたが、スパイス感は相変わらず素晴らしかったです。スパイスは製品の塩分を減らしても味にインパクトを持たせてくれるのでいいですよね。変にいろんな味を加えずに、ほぼスパイスだけで勝負してきているのがとても好感持てました。ゴテゴテした味もおいしいですが、何だか原点に帰ったような味でおいしかったです。

品名:日清焼そばカップ
メーカー:日清食品
発売日:2016年6月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別180円
取得価格:税込194円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7471

標準栄養成分表
1食105g(めん90g)あたり
エネルギー:478kcal
たん白質:10.6g
脂質:18.6g
炭水化物:67.1g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:137mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/  

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加