どうもオサーンです。またモンハンクロスの話。ネット界隈では今作最難関と言われているクエスト「沼地酔夢譚」をソロクリアしました。このクエストを難しくしているのは3頭出てくるうちの1頭、獰猛化ショウグンギザミに隙がなさすぎることなんですが、私オサーンはその前に出てくるフルフルがモンハン4時代からずっと苦手でして、それが獰猛化として出てきて、かなり苦戦しました。本来なら一番格上と思われる獰猛化ライゼクスがもうただの癒しにしか見えませんでした。最初の獰猛化フルフルで2乙食らった上でクリアするのに20分針を要してしまったので絶対クリアできないと思ったんですけどね。獰猛化ショウグンギザミは他の人ほど苦手ではないようです。嫌いですけど。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「なごやめし 夏限定!台湾ラーメン」。これから「なごやめし」ってシリーズがどんどん出てくるんですかね。味噌煮込み、きしめん、あんかけスパ、鉄板スパ、カレーうどん(これは豊橋か)などなど麺類多いし、名古屋コーチン出汁のラーメンもありですね。なんなら手羽先をからめてきても面白そう。かくいう私オサーンの一番好きな名古屋名物はういろうなんですけどね。あの食感たまんね~。あーあとえびせんべいもおいしいですね!





スープは、「鶏ガラしょうゆスープに、唐辛子の辛味、ニンニク、ひき肉の旨味を加えた激辛スープ」とのこと。激辛と書いていますがそこまで辛くはないかな。ピリ辛以上ではありますが、同社の辛辛魚やセブンの中本みたいな辛さではないです。ほどほど。他社の台湾ラーメンに比べてしょうゆの味を強く感じます。ニンニクが強いのに対して甘みが少なく、本格的な味なんでしょうが、やや一本調子に感じてしまう味でもありました。

は、「しっかりとしたコシと粘りのある口当たり滑らかなノンフライ中太めん」とのこと。いつもの寿がきやの麺比べると加水が多く、細めの麺です。それほど主張してくる麺ではないため、辛さやニンニクのあるスープに比べてだいぶ負けてしまっている印象。いつもの麺でまったく問題なかったんじゃないかと思います。いや、単に私オサーンがいつもの寿がきやの麺が好きだってことが大きいだけなのかもしれませんが。

は、「ひき肉、ニラ、唐辛子、フライドガーリック」とのこと。挽肉とニラが結構たくさん入っています。挽肉は特に多く、味自体はある意味カップ麺らしい不自然な挽肉なんですが、多いは正義ですね。台湾ラーメンらしさをきちんと演出しています。また、フライドガーリックも結構たくさん入っていて、ガッツリ食べたい時には大きな力になってくれる反面、これだけ入っていると、食べた後の予定をきちんと考えて食べないといけませんね。唐辛子もたくさん入っています。辛さに大きく寄与していました。いつもの寿がきやのカップ麺だと最大の欠点は具の貧弱さなんですが、今回は結構具だくさんな印象で、ここは素直に評価して良いところなんじゃないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具だくさんな台湾ラーメンとしては評価できる反面、スープが高価格帯商品にしてはやや一本調子な感があり、この評価にしました。まずいわけではないので、もっと安ければ良かったんですけどね。ただ夏の暑さを吹き飛ばすには軽く汗をかける商品で、これからの季節にいいんじゃないでしょうか。

品名:なごやめし 夏限定!台湾ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2016年6月13日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入スープの素・かやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8190.html

標準栄養成分表
1食102g(めん65g)あたり
エネルギー:350kcal
たん白質:9.9g
脂質:10.5g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく0.8g スープ2.2g)
カルシウム:99mg

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加