どうもオサーンです。インスタントコーヒー好きには世知辛い世の中になってきました。数年前にネスカフェプレジデントが販売終了となり、そして今年のはじめ、AGFのマクシムトップアロマも販売終了。自分の中で最もおいしいインスタントコーヒー2つ(片方はレギュラーソリュブルコーヒーですが)がどちらも手に入らなくなってしまいました。以前おいしかった香味焙煎はなんか別物になってしまいましたしね。私は一時期、コーヒー豆を買ってきて自分で挽き、ハンドドリップするのにハマっていましたが、インスタントコーヒーにはまた違う魅力があると思うんですよね。そもそも豆を挽いても、焙煎したてじゃないと良い風味は味わいにくい。あの軽くて香ばしい風味はインスタントでしか味わえない。トップアロマの後継になりそうなものは今のところ発表されておらず、今後私はコーヒー難民になってしまいそうです。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 辛こく塩担担麺」。カップ麺でもすっかり定番となった「正麺」シリーズの新作です。6種類目の味ですかね。さすがに全種味を揃えているお店は大型スーパーでもあまり見かけないですが、これだけ種類を出せるのは正麺の底力というか、多くの支持を得ていることがわかります。今回は2種めとなる担々麺ですが、果たしてどんな味なんでしょうか。





スープは、「ポークの旨味をベースに、にんにくの風味を強く利かせた、ラー油の辛さが特長の塩担担味のスープ」で、「豚・鶏ガラや香味野菜などを煮込んだ自家製だしを配合」とのこと。ラー油の辛さがピリ辛以上に辛いです。激辛なわけではないですが、東洋水産にしては珍しい辛さ。そこ以外にあまり担々麺っぽさはなく、しお味のスープに効いているダシが結構強いです。担々麺というより辛味しおラーメンってところでしょうかね。食べた時はオイスターっぽい中華な風味を感じたのですが、成分表見るとそれっぽいと特定できるものは書いておらず、入ってかどうかわかりません。私の舌なんてそんなもんですw 塩担々麺の定義がよくわからないので微妙ですが、担々麺としてはやや物足りない味に感じました。

は、「生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。加水の多い、ノンフライの中太麺です。つるみが強く、あまり担々麺っぽい麺ではないですが、今回のスープとはきちんとマッチしていておいしかったです。正麺シリーズは多少の太さの違いこそあれど、スープ種別によって麺を大きく変えてきたりはしないっぽいですね。ラ王も同じなので、このあたりでスケールメリットを発揮してコストを下げて価格を抑えてるんでしょうかね。

は、「たまご、味付鶏挽肉、ねぎ、唐辛子」とのこと。卵がいっぱいでこれはインパクトありますね。全面黄色です。挽肉についてはそんなに目立ってませんでしたが、麺のクオリティと210円という価格を考えると、たまごだけでもよく頑張ってるかなーとは思います。彩りが良いのがなによりの美点でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープに物足りなさはありましたが、全体的に見ると価格以上の価値があるよくできた商品なのではないかと思います。ラ王に比べるとつるみのある麺、そして押しの強くないスープ、多少、ラ王とは追い求める完成像が違うんでしょうね。東洋水産らしい大人しさがあります。このあたり、完全に好みによって評価が分かれるところで、それほど濃い味を得意としていない人にとっては正麺シリーズのほうが食べやすいのかなと思います。

品名:マルちゃん正麺 カップ 辛こく塩担担麺
メーカー:東洋水産
発売日:2016年5月30日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく2袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(サンクス)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3263.html

標準栄養成分表
1食102g(めん65g)あたり
エネルギー:345kcal
たん白質:10.2g
脂質:8.7g
炭水化物:56.5g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.8g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:139mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加