どうもオサーンです。父のコンパクトデジカメが結構古くなってきたので、いろいろコンデジを物色して新調しようと思ったのですが、最近のコンデジは何だかものすごい2極化が進行していますね。かたや高価格帯は1型という大型の撮像素子を搭載し、明るいレンズを奢り、そして安いものなら一眼デジカメのダブルズームキットとかが買えてしまうような価格。かたや1/2.3型というスマホと大差ない小さい撮像素子を積み、暗いレンズを強力な手ぶれ補正で補う構成。以前なら、この中間にもっとあったんですよね。2/3型とか1/1.8型、1/1.7型くらいの撮像素子でズーム域通しての明るいレンズ、大きさもそこそこコンパクトで価格もそこそこのやつが。このカテゴリが現ラインナップではポッコリ穴空いてしまっているように感じました。どこもかしこもソニー製の撮像素子を使っているので、素子供給側の都合が優先されるのもあるでしょうし、そもそも、そういうカメラは中途半端であんまり売れなかったという事情もあるのかもしれませんね。キヤノンのSとかパナのLXとかオリのXZとか、写り、大きさ、価格のバランスがすごくいいと思ってたんですけどねぇ。そう思うのはカメオタくらいなのかもしれませんw

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. わさびマヨ焼そば」。UFO40週年のリバイバル商品で、わさびマヨを初めてカップ焼そばに使用したわさびマヨ焼そばの元祖だそうです。このブログでは過去にハンサム氏が一度食べていますが、その時は「日清焼そばU.F.O. わさびマヨネーズ」という商品名でした。





ソースは、「濃厚な香りと豚肉を炒めたうまみやコクが特徴の『やみつき濃厚エクストリームソース!』」に、別添で「ツンとくるわさびの香りがクセになる『わさびマヨ』」とのこと。UFOの酸味と甘みを感じるソースに、わさびマヨの構成。思いのほか、そのままUFOなんですねこれ。明星一平ちゃんのわさびマヨはしょうゆ味のソースでしたが、こちらはそのまんまソース味。ツンと来るわさびの味はしっかり感じられたものの、それでもちょっとソースと拮抗して戦っちゃってましたかね。わさびマヨを前面に出すなら一平ちゃんのようにしょうゆ味のほうがわかりやすかったかもしれませんね。

は、「日清焼そばU.F.O.ならではのコシのある中太麺」とのこと。UFOのいつものストレートな油揚げ麺。いやーこの麺は卑怯です。褒め言葉です。全く油揚げ麺を感じさせない麺で、個人的にはこれ最強の油揚げ麺だと思います。この麺がある限りUFOの評価を落とせないんだよなぁ。焼そばの麺としても優秀で、ストレートでもソースのりがよく、今回もソースとの相性バッチリでした。焼そばの雰囲気がよく出ている麺です。

は、「大切りキャベツ」と別添の「きざみ海苔」とのこと。わさびマヨなのできざみ海苔なんでしょうが、ソースが強いので正直、味の面ではあまり目立ってませんでした。もっと海苔の風味を活かせると良かったんですけどね。あとは具がキャベツだけで、わさびマヨや海苔に持っていかれた分、具は貧弱になってしまっていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
決しておいしくないわけじゃないんですが、私オサーン的にはわさびマヨとソースの相性がいまいち。わさびはしょうゆの方がいいなぁと感じる味でした。ただ、優秀な麺が味を底上げしており、きちんと焼そばしていたのでそこは良かったと思います。ちょっと前に出た明星一平ちゃんのわさびマヨは、しょうゆ味のソースに、わさびマヨだけではなくふりかけにもわさびが入っているため、わさびがしっかり前面に出ていて、こちらよりもよくできていたと感じました。UFOの味を大きく逸脱しないところにこの商品の価値があるのかもしれませんね。

品名:日清焼そばU.F.O. わさびマヨ焼そば
メーカー:日清食品
発売日:2016年5月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・わさびマヨ・きざみのり)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(サンクス)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7436

標準栄養成分表
1食127g(めん100g)あたり
エネルギー:577kcal
たん白質:9.0g
脂質:25.2g
炭水化物:78.6g
ナトリウム:2.1g
ビタミンB1:0.48mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:163mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加