どうもオサーンです。久々にハンサム氏とモンハンクロスやりました。裏ボスまでソロでクリアしたものの、4は4Gの時に比べて全然やりこんでいなかったので、ちょっとずつやっていこうと思います。ひとまずは下位装備のまま裏ボスまでクリアしてしまったハンサム氏の装備を整えることから始めています。

今回のカップ麺は、エースコックの「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」。昨年4月に発売された同名商品のパワーアップ版で、パクチー量が3倍になっているとのこと。最近はパクチーブームですもんね。時代の流れに乗った商品でしょう。楽しみです。





スープは、「チキン、エビ、魚醤の旨みのあるスープに、レモングラス等、複数種のスパイスを加えることで爽やかな酸味や香りを再現し」、「ココナッツ等の甘みと唐辛子の辛味で、飽きのこない味に仕上げ」、「パクチー量3倍(2015年3月発売商品対比)により更にお店らしさを感じるスープに仕上げ」たとのこと。他社のトムヤムスープの商品に比べると、前作同様、酸味と辛味はそれほど強くなく、パクチなどの香辛料で押してくるスープです。前作に比べてパクチー3倍増しとのことですが、3倍というほど強くなったとは感じなかったものの、他の同系統商品では感じられないレベルのパクチーの強さです。私が食べた限りの本場タイの商品をも上回っています。実際のお店のスープはもっと辛いし酸っぱかったと記憶していますが、このある意味一点突破はありだと思います。

は、「適度な弾力のある角刃のめんで」、「程良い味付けをし、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。硬い食感の油揚げ麺です。油揚げ麺としての主張はそれなりにありますが、スープが強いので全く気になりません。本場の商品含め他社の袋麺などの製品はどちらかと言うとやわらかい麺が多いため、この麺は結構特徴的だと思います。

は、「シャキシャキとした食感の良いチンゲン菜、プリッとした食感のエビ、色調の良いねぎ、赤ピーマンに、特徴的な風味を持つパクチーを加えて仕上げ」たとのこと。前作同様、まずチンゲン菜が特徴的な具です。そして、スープの中にスパイス(ふりかけ)として入っているだけではなく、具としてもパクチーが入っていて、徹底的です。エビは少なめでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
パクチー押しの一杯で、これが必ずしもお店の味を再現できていることにはなりませんが、それでも数あるトムヤム系の中でしっかり存在感を示すことができる味に仕上がっていました。パクチー増量でパワーアップしたと言っていいと思います。この商品は今後も出し続けて欲しいですね。

品名:ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2016年4月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(サンクス)
製品URL:https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=438

標準栄養成分表
1食89g(めん70g)あたり
エネルギー:388kcal
たん白質:8.3g
脂質:15.7g
炭水化物:53.4g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.6g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:187mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加