どうもオサーンです。グリコのチーザシリーズが大好きで、以前販売されていたエビーザとカニーザがかなりお気に入りでした。今は売られてないんですが、代わりに出ているのがアボカドーザ、これもかなりおいしかったです。そして最近、ゴマーザも新発売されました。手に入れてまだ食べてないんですが、次は何がくるのかなと考えるの面白いです。基本線として濃くて主張の強い味のものが使われているので、無難な線としてはウニーザはあるだろうと思います。そして最近のタイ料理ブームでトムヤムーザやパクチーザもありそう。あとはトンコツーザ、ニボ(シ)ーザ、趣向を変えて甘いもの線でマンゴーザ、バナナーザ。こんな議論をハンサム氏としてたんですが、最後はめんどくさくなって、フリーザとかギョーザとかになって話はお開きになってしまいました。さぁグリコさん、この中からアイデアをパクってもらって構いませんよ。個人的にはニボ(シ)ーザが希望ですが、ハンサム氏はだったら煮干し食べればいいんじゃないの?という身も蓋もないことを言ってきやがりました。ちなみにハンサム氏のアイデアはトマトーザ。果たして。あ、今考えつきましたが、ナットーザはぜひ食べたい!

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」。バーニャカウダを始め、ローカロリー商品とは思えないおいしさで攻めてきているカップヌードルプラスシリーズの新作です。今回は海老のビスク、私オサーンはビスク大好きなのでかなり期待しちゃっています。





スープは、「海老と野菜の旨みが溶け込んだ、濃厚で味わい深いクリーミーなスープ」とのこと。今回は今までのカップヌードルライトプラスに感じたような、カロリーと塩分を抑えたにも関わらずパンチのある味、というわけではなかったです。ライト商品らしい味の弱さでした。ただ、トマトの風味が強く、頑張ろうとしているのは感じられます。海老のビスクとしては海老の味がちょっと弱く、クリーム感もそれほどありません。トマト系のスープという方が違和感ないかもしれません。トマトの風味に加えて野菜の甘さはしっかり感じられ、カップ麺を食べていて感じる塩分を中心とするちょっと体の悪いんじゃないかという罪悪感は食べていて感じず、そこは素晴らしいと思います。今までのカップヌードルライトプラスがすごすぎたというか、すごすぎた故に私の中のハードル上がっちゃったんですかね。相変わらず素晴らしいとは思いますがインパクトという点ではちょっと物足りなかったです。

は、「レタス約2個分相当の食物繊維を練り込み、すすらずに食べられるよう短めにカットした『カップヌードルライトプラス』専用の麺」とのこと。何も考えないで食べると普通のカップヌードルの麺として違和感ないです。でもノンフライ麺、それに食物繊維も入っています。ノーマルカップヌードルより弱いスープに対し、それと同じようにバランスの良さを感じられるのは、やはり麺自体の主張はノーマルより小さいということなんでしょう。よくできている麺だと思います。

は、「赤パプリカ、黄パプリカ、ズッキーニ、キャベツ」とのこと。今回のこの商品の一番の押しと感じたのは具です。特にパプリカですが、これはもう普通に味も食感もパプリカそのものでみずみずしさを感じるものでした。これおいしいです。また、ズッキーニはパプリカほどではなかったですが、それでも食べてすぐズッキーニとわかるものでした。そしてパプリカもズッキーニも色鮮やかなのがいいですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
味だけなら今回は★4にしようかと思いましたが、具のパプリカやズッキーニを食べてしまうと評価は落とせないと感じました。これだけ楽しませてもらえて198kcal、やはりこれは素晴らしい商品だと思います。海老が前に出てこなかったのは残念ですが、それでもトマトを中心とする野菜スープの一杯と捉えると十分においしかったです。

品名:カップヌードルライトプラス 海老のビスク
メーカー:日清食品
発売日:2016年3月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7343

標準栄養成分表
1食55g(めん36g)あたり
エネルギー:198kcal
たん白質:5.0g
脂質:5.4g
糖質:28.4g
食物繊維:7.8g
ナトリウム:1.7g(めん・かやく0.7g スープ1.0g)
ビタミンB1:0.09mg
ビタミンB2:0.13mg
カルシウム:93mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加