どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 極しお豚骨」。いつも本気盛シリーズはたいていハンサム氏が食べてるんですが、今回はハンサム氏にペヨングの記事お願いしちゃったので(自画自賛みたいになりますがハンサム氏のペヨング記事素晴らしかった!)、私オサーンが本気盛食べます。いつもボロクソ書いちゃってるので東洋水産さんと本気盛ファンの方々スイマセン今回また食べちゃいます。





スープは、「ポークとオニオンの旨味に、ガーリックとブラックペッパーを利かせた、やや甘味のある塩豚骨味スープ」で、「隠し味にかつお節を使用」とのこと。とんこつって感じはあまりしないですが、ガーリックと胡椒の効いたしお系のスープです。ただ両者とも強く主張してくるわけではなく、味の主題がちょっとわかりづらかったです。隠し味のかつお節は本当に隠し味でした。なんとなく、ホントなんとなーく後味にかつおがあるかなって程度です。

は、「丸刃で切ったなめらかで太めの麺」とのこと。本気盛のいつもの太い油揚げ麺です。油揚げ麺臭はスープが濃いのであまり気になりませんでしたが、むしろ今回食べていて思ったのが、この麺って本質的に私にはあまりおいしく感じられないということでした。表面につるみがあって厚みのある麺で、この麺がかなりスープを選んじゃう感じします。みそ系とか担々系のスープだと相性良いんですが、基本他のこってり系スープだとつるみが邪魔をしちゃってるように思います。今回も麺の味の強さはスープときちんとマッチしていたものの、どうもつるみが邪魔だと感じてしまいます。シリーズの中で麺を流用していくなら、この麺は変えてもらいたいなぁと、まぁあくまで個人的な好みの問題であってこの麺が良いという方もたくさんいらっしゃると思うんですけどね。なんか私はこの本気盛の麺と本当に相性悪いようです。この麺がダメだというもっと合理的な理由を提示できないので個人的な戯言です。

は、「味付豚肉、味付挽肉、たまねぎ、ねぎ」とのこと。豚バラっぽい肉がたくさん入っています。この肉はなかなかうまいしボリュームあっていいですね。ハムみたいな肉じゃないところがいい。この肉のおかげでだいぶガッツリ感が増します。ガッツリ感て何よ。あと、ネギの風味がとても強くて、濃いけどちょっとインパクト不足のスープの中でかなり映えていました。タマネギもしっかり仕事していましたよ。具でかなりポイント上げている一杯ですこれ。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープのインパクト不足と麺についての文句をグダグダ書いてしまいましたが、具の豚肉とネギ、タマネギがいい仕事していて、総じてまぁまぁおいしい一杯だったんじゃないかと思います。でも重ね重ね、麺が変わるだけで私の中では印象変わるのになぁと、ちょっと残念な気持ちになります。いちカップ麺ブロガーの切なる願いとして、本気盛の麺変更考えてくれないですかね?無理かw

品名:マルちゃん 本気盛 極しお豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2016年3月14日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3213.html

標準栄養成分表
1食108g(めん80g)あたり
エネルギー:487kcal
たん白質:12.5g
脂質:20.2g
炭水化物:63.8g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.9g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.48mg
カルシウム:192mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加