どうもオサーンです。最近ガンダムシリーズを最初から見なおしているのですが、いやーやっぱり名作は面白いですね。以前見てた時は理解できなかったこととかもあって、いろいろ新鮮でいいです。0080なんてもう最高じゃないですか。0083もちょっと設定無理あったけど面白かった。でもF91はちょっとまだ自分には理解できないのか好みが合わないのかわかりませんがイマイチだったなぁ。次からはいよいよ、1回も見たことのないVガンダムを見ようと思っています。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清レモンクリームカレーメシ」。結構硬派にカレーを作ってきたカレーメシシリーズにイロモノの登場です。レモンクリームとは驚きですが、レモンはカレーとの相性悪くなさそうなので怖いような楽しみなような。このブログではちょっと久しぶりのカレーメシシリーズなので楽しみです。





ルゥは、「チキンのうまみとミルクのコクを加えた、クリーム色のマイルドなカレールゥ」で、「レモンの風味を利かせて爽やかな後味に仕上げ」たとのこと。この商品はイロモノだと思っていましたが、なんのなんの。レモンクリームは爽やかさを演出していますが決して出すぎず、基本はまろやかなカレーです。日清のカレーとしてはスパイス感は薄く、子供でも食べやすい味に仕上がっています。反面、今までのカレーメシ同様に本格的な味を望むならば物足りないと思います。私はちょっと物足りなかく感じました。レモンクリームの使い方はとても良かったです。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。規定時間通りの調理時間だとちょっとご飯が固めです。食べ進めていくうちに蒸らされてちょうど良い硬さになってきますが、これはまだ改善が必要なご飯ですね。蒸らされた状態だとかなりおいしいご飯なのでもったいない印象です。

は、「蒸し鶏、ニンジン、インゲン」とのこと。具はちょっと貧弱です。蒸し鶏はしっかり食感ありましたが量がカップヌードルシリーズの具のようにたくさん入っているわけではありません。また、インゲンは小さすぎて味とか食感とかよくわかりませんでした。カレーメシの具は全般的にあまり充実はしてないのでこんなものですかね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
レモンクリームカレーメシというからどんなものだかちょっと警戒して食べましたが、レモンクリームは前に出ないで香り、とても爽やかで好印象でした。カレーメシとしてはスパイス感が弱く、今までのカレーメシのスパイス感を望むならばちょっと物足りないです。日清はカレーメシに限らずカレー系の製品はスパイス感をかなり強く前に出してくるのですが、この商品にはそれがなかったです。レモンとの調和を考えるとこうするのがベストだったのかもしれませんが、ちょっと物足りなかったです。

品名:日清レモンクリームカレーメシ
メーカー:日清食品
発売日:2016年3月7日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7339

標準栄養成分表
1食117gあたり
エネルギー:481kcal
たん白質:8.1g
脂質:12.2g
炭水化物:84.8g
ナトリウム:1.2g

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加