どうもオサーンです。生活している中でこのブログの冒頭文章に書くことをいろいろ考えているのですが、いざPCに向かって書こうとすると何も頭に浮かんでこない。よく冒頭文章なしで本文始めちゃうことがありますが、決して楽しようとしているわけではなく、常に悩む時間の末に思い浮かばなかっただということをご理解いただけると嬉しいです。ってか、関係ない文章なんて要らないという意見は以前から頂いてるんですけどねw

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」。チキンラーメンの変わり種はよく発売されていましたが、最近は出前一丁も定番商品らしくアレンジ商品が多く出てきましたね。今回はチキンラーメンと同時発売ということでしたが、私が行った中では店頭で多く見かけた出前一丁の方を食べてみたいと思います。





スープは、「『台湾ラーメン』の特徴であるしょうゆベースのスープに赤唐辛子でアクセントをつけた辛さの中にもしっかり旨みを感じるスープ」で、「ヒハツエキス、ショウガ入り」、別添で「辛さをアップした特製ごまラー油」とのこと。出前一丁といえばごまラー油の風味が特徴ですが、今回はそれの辛さが強くなっています。出前一丁のイメージの割には結構辛くて、ピリ辛以上はあるんじゃないかと思います。ただ、辛くなった出前一丁以上のものではなく、スープからはあんまり台湾ラーメンらしさは伝わってこなかったですかね。辛さが苦手じゃなければ出前一丁の延長線上にあると捉えて問題ないんじゃないでしょうか。

は、「出前一丁のスープによく絡む、中細ウェーブ麺」とのこと。カップ出前一丁のいつもの中細で縮れた油揚げ麺です。袋麺のイメージを崩すことのない、やわらかくて無難な麺ですね。スープとの相性も当然問題なく、出前一丁らしさがしっかり感じられました。

は、「肉ミンチ、ニラ、赤唐辛子、炒りごま」とのこと。なるほど台湾ラーメンらしさは具にありましたか。ダイスミンチにニラで、ここはしっかり台湾ラーメンしていました。味的にはニラはそれほど強いわけではなく、炒りゴマあたりは出前一丁っぽさの方が強いですね。価格相応の安っぽさですが、それでこそ出前一丁なのかな。悪い感じはしませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具に台湾ラーメンのイメージがありましたが、基本的にはちょっと辛い出前一丁という認識でいいと思います。無理矢理台湾ラーメンっぽくした感は否めませんが、無難に食べられる味なのはさすが出前一丁といったところでしょうか。あんまり期待せずに、スーパーで安く売られてるならば買ってもいいかなといった印象でした。

品名:出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風
メーカー:日清食品
発売日:2016年2月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7262

標準栄養成分表
1食85g(めん70g)あたり
エネルギー:387kcal
たん白質:8.0g
脂質:16.5g
炭水化物:51.8g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.8g スープ1.5g)
ビタミンB1:1.03mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:118mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加