どうもオサーンです。昔の記憶なんてアテにならないもので、最近ファーストガンダムを改めて見終わったのですが、記憶ではカイ・シデンは死んだと思っていたのに、しっかりゼータにも出てくるじゃないですか。前に見たのも結構大人になってからだったのに、話の内容も全く覚えていなかったし、これはエヴァンゲリオンとかも見直さなきゃいけなそうです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」。TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とコラボレーション企画とのことですが、私はこのラジオ番組のことよくわからないのでさっさと先に進みたいと思います。すいません。





スープは、「麻婆豆腐をイメージした、激辛ながらも肉の旨みがあるスープ」で、「ラー油や唐辛子のピリッとした辛さに加え、花椒を利かせたしびれる辛さが特徴」、「超絶激辛オイル」が別添とのこと。結構な辛さの唐辛子スープです。ただ、辛さ以外の特徴があまり見えてこず、説明書きにある「肉の旨み」だとか「花椒を利かせたしびれる辛さ」みたいなものはあまり感じられず、麻婆豆腐らしさってあったかなという印象でした。そして辛さにしても、カップ麺最強クラスではあるものの、この前発売された同じとんがらし麺の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味」と比べるとだいぶ弱く感じられ、そうなるとそれなりに辛い以外の特徴を見出しにくいスープでした。まずいってわけじゃないんですけどね。

は、「辛さと旨さを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。いつもの赤いとんがらし麺の特徴的な麺です。強いスープの中にあってはこの麺自体の唐辛子分がどれほど味に寄与しているのじゃは疑問ですが、見た目的にこれこそとんがらし麺だし、赤いことで視覚的に辛さを増長させているように感じられます。

は、「豆腐、豚肉、赤唐辛子、ネギ」とのこと。結構いい感じに豆腐がたくさん入っています。スープに麻婆豆腐らしさは感じないと書きましたが、この豆腐の存在で麻婆豆腐らしさを保っていますね。カップ麺としては大振りなのもいいです。辛いスープなので、豆腐が辛さを一休みさせる効果がありました。一方で、肉はダイスミンチで、こちらはそれほど麻婆豆腐らしさはなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ただ辛いだけではなく麻婆豆腐らしさを期待したのですが、らしかったのは具の豆腐くらいでした。かなり辛いスープですが、ちょっと前に発売されたとんがらし麺のほうが辛く、このあたりもちょっと商品のコンセプトをぼやけさせてしまっているように思います。まずくはなかったのですが、もうちょっとこの商品らしさというものが欲しかったところです。

品名:日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味
メーカー:日清食品
発売日:2016年2月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(超絶激辛オイル)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7265

標準栄養成分表
1食105g(めん80g)あたり
エネルギー:510kcal
たん白質:10.1g
脂質:25.6g
炭水化物:59.9g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.2g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:125mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加